妊娠中は基礎化粧品を見直そう!ホルモンバランスで強制的に肌荒れする?

敏感肌な上に混合肌なのですが、
いつも適当な基礎化粧品を使っていました。

しかし、保湿さえしておけば、
何とかなっていました。

コンビニやドラッグストアで買える
低価格な化粧水や乳液で
いつもどおりにケアしていたのですが…

妊娠して思い知りました。
妊婦の肌荒れは、努力だけじゃどうにもなりません。
ホルモンバランスが乱れるので
自分が気を付けるだけでは足りないのです。

妊婦さんは半ば強制的に肌荒れが起きたり、
お肌の乾燥やくすみが出ることがあります。

そんなことにならないように、
妊娠したら基礎化粧品を見直す必要があるのです。

 

今回は妊娠した方に、
とっておきの、基礎化粧品を解説していきます。
実体験に基づいたお話で、
記事内で出てくるメーカーも、

プレママから信頼されているメーカーさんです。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

普段大丈夫なものもダメになる?基礎化粧品を見直そう

妊娠すると、顔だけでなく
体全体の皮ふが乾燥してきます。
特に妊娠中期以降はメラニン色素ができやすいので、
日焼けしやすい、くすみやすい状態になります。

これはどんなに努力しても
自力でどうにかなるレベルではありません。
個人差はありますが、
確実に日焼けと肌荒れはしやすくなります。

荒れてから慌てては遅いので、
(私は妊娠中期になって焦りました…)
妊娠したら化粧水や乳液などの
基礎化粧品を見直してみましょう。

 

いつもの基礎化粧品じゃダメなの?

普段使っている市販品では
保湿が追い付かなくなったり、
最悪の場合、
かぶれや痒みが起きることもあります。

ただ単に敏感肌用を使うより、妊婦さん専用の基礎化粧品が出ているので、それを頼るのが正解です。

私は乾燥すると粉をふいてしまう体質なのですが、
いつもはマスクをしてごまかしていました。
ところが、妊娠してから
マスクがピリピリとしみるようになってしまったのです。

妊娠前に比べてお肌が敏感になっていることを
身をもって実感しました。
普段以上に低刺激なアイテムで
保湿を徹底する必要があったのです。

 

もっと早く頼ればよかった…妊婦専用の基礎化粧品

MamaKids cosmetics

肌荒れの悩みを先輩ママ友にきいてみたら、
「基礎化粧品もMama&Kids(ママアンドキッズ)がいいよ!」
とのこと。

お腹の妊娠線予防クリームで
有名なメーカーでしたが、
プレママ用の基礎化粧品もあるとは
知りませんでした…。

調べてみたら、ベビーザらスなどの
大手サイトでもとっても評価が高かったです。
クレンジングや洗顔、
その後の保湿までセットでシリーズがあります。

私は最初、
妊娠線予防クリームを買った時についてきたサンプル 」を試しました。

使った結果、2日目にして肌の粉ふきが解消。
もっと早く専用の基礎化粧品に
頼っていればよかったです。

 

妊娠中の基礎化粧品の上手な使い方

MamaKids cosmetics during pregnancy

妊娠中くらいきちんとメイクを、と
メイクしていた私は、
メイク落としも必要です。

落とす、洗う、保湿の3ステップを見直して
乾燥から脱出することができました!

 

とにかく低刺激で保湿作用があるものを選ぼう

普段は混合肌なので小鼻周りは脂性肌なのですが、
妊娠したら乾燥の方がひどくなりました。
つまりは、低刺激で高保湿な基礎化粧品が必要です。

この点、Mama&Kidsの基礎化粧品は
産まれたての赤ちゃんから使えるシリーズです。
妊娠中は自分が使い、
産後は赤ちゃんと一緒に使えます。

授乳やお世話で肌に直接触れたり
ほおずりしたりしますので、
赤ちゃんにも使える低刺激な基礎化粧品だと
安心ですよね。

無着色・無香料はもちろん、
パラベンやアルコールなどの添加物、
防腐剤などが入っていないものを選びましょう。

 

保湿だけじゃなくてその後のバリア機能も大事

乾燥対策には水分の補給だけでなく、
その後に蒸発しないよう
お肌のバリア機能を高めることが大切です。

特に妊婦さんはホルモンバランスが乱れて、
日焼けしやすい状態になります。
肌荒れの悪循環を断ち切らないと、
産後のケアが大変だと思います。

妊婦専用の基礎化粧品を選ぶときは
保湿作用だけでなく、
適度な皮脂や
お肌のバリア機能を高めてくれるものを選びましょう。

 

肌質の改善までできれば言うことなし!

お肌の「バリア機能」ってなんだろう?
と思うかもしれませんが、
本当は外から補うものに頼らず
自分の肌自体が健やかであるのが理想です。

私が選んだMama&Kidsで最もよかった点は
このバリア機能を高めてくれたことでした。

保湿作用の高い
アミノ酸やセラミドの配合だけでなく、
お肌表面の善玉菌を増やすために
ビフィズス菌エキス「スーパーオリゴ」が
配合されていたのです。

黒糖由来の独自成分で、
皮ふ科専門医の協力のもと作られた
低刺激なビフィズス菌エキスです。

アトピーにも効果があることが
実証されているので、
敏感肌に傾いたお肌を
健やかにするのに役立ちます。

 

妊娠後期の乾燥は辛い!産後は手間をかけれない?

化粧水と乳液だけで乾燥がおさまり、
快調に見えていた私。
しかし、妊娠後期になるにつれ、
口の横や頬などの保湿が足りず、
また粉をふき始めました…。

季節が冬に入ったことも関係あるかもしれません。
通常のケアだけでは、
妊婦の肌荒れに追い付かなくなったのです。

また、固形の洗顔石けんの使い心地が
とてもよかったのですが、
産後は泡立てているヒマが
ないかもしれないと心配になります。

 

時期に合わせて上手にアイテムを使い分けしよう

私はスペシャルケアとして、
乳液の後に保湿クリームを
部分的に重ね塗りすることで乾燥を乗り切りました。

普段脂性肌の人は必要ないかもしれません。
ただ、妊娠すると、
思った以上に肌質が変化します。

妊娠時期、自分の肌の状態に合わせて
上手に基礎化粧品を使い分けましょう。

石けんの泡立てに関しては、
Mama&Kidsに固形石けんだけでなく
泡で出てくるポンプタイプのムースソープがあり、
産後はこれで時短できます。

 

基礎化粧品を見直して産後に備えよう

MamaKids cosmetics during pregnancy

妊娠してすぐのころは、
何も考えず
それまでの基礎化粧品を使っていました。

妊娠中期に入るころに肌荒れが始まり、
あわててケアを開始したことを
ちょっと後悔しています…。

特に産後は赤ちゃんと心置きなく、頬ずりしたいもの。
赤ちゃんにも安全な基礎化粧品で
肌荒れ防止&産後対策を万全にしておきましょう!

参考までに、私がライン使いした
Mama&Kidsの基礎化粧品はこちらです。

 

プレママのときも、ママになっても、
赤ちゃんと一緒に
健やかなお肌で触れ合いたいですよね。

妊娠が分かったら、ぜひ一度
基礎化粧品の見直しを
考えてみて下さい。

cosmetics during pregnancy
100navi-公式Twitter-
広告