ハンドクリーム難民が、用途にあったハンドクリームを紹介

  • 2019年1月10日
  • 2019年2月19日
  • 美容

手には年齢が現れます。手のお手入れをきちんとしておきたいけれどなかなか良いハンドクリームに巡り合えないとお困りではありませんか。

ハンドクリームと一口にいっても、様々な商品があります。生活のパターンや使用する場面によって使うべきおすすめハンドクリームをご紹介します。

まず、手を大切に

手は体の中で特に酷使している部分です。外気や水、石鹸や洗剤にさらされる機会も多いため気が付けば、荒れてかわいそうなことになっている。。ということがしばしばあります。

手もしっかりケアしなければと、ハンドクリームを探しに売り場にいくと多種多様なハンドクリームがずらりと並んでいます。インターネット通販などでも見てみるとその数はびっくりするほどたくさんの種類があります。

内容の種類はもちろん値段もさまざまで、どのハンドクリームを購入すればよいかわからず困っていました。

そんなハンドクリーム難民だった私が自身でたくさんのハンドクリームを試し、また友人・知人はもちろんインターネットなどの情報を収集し、目的別におすすめのハンドクリームを少しまとめてみました。ご参考になれば幸いです。

ハンドクリームにはどんな種類があるの

さまざまな種類のハンドクリームが販売されていますが、それぞれの商品にはどんな特徴や強みがあるのでしょうか。目的別におすすめの商品をご紹介します。

とにかく荒れを回復させたい

手ががさがさする、うるおいが少なくなってきたという程度の手荒れを過ぎて、あかぎれの一歩手前のような状態のときがあります。

水や紙類を普段からよく使う方や、もともと肌の弱い方など原因はいろいろですが「荒れている!」状態になったときには「薬用」と記された商品が強い味方になりました。

資生堂ハンドクリーム薬用モアディープ

お値段はサイトやお店によりますが100グラムで500円程度とお手頃ですので気兼ねなくたっぷりと使うことができます。

 

もうひとつのおすすめは

持田ヘルスケアのコラージュDメディパワー保湿ハンドクリーム

コラージュシリーズで知られる持田ヘルスケアのハンドクリームです。とにかくしっかり手荒れをケアしたいときにはおすすめです。

 

わたしの場合は、「これ以上荒れたくない!」と思う状態になると、コラージュDメディパワーをナイトケアとして使用し、寝る前にたっぷりとつけハンドマッサージをします。そして、日中は手を洗うたびにモアディープを塗って乗り切ります。モアディープは惜しげなく使えるようボトルのものを購入し、仕事用のデスクやキッチンにも常備しています。

 

適度にうるおいを保ちたい

手が荒れてどうにもならない、というほどでは無いけれど適度にうるおいを保っておきたいというときにはどのようなハンドクリームがよいのでしょうか。

ニュースキン ハンドローション

こちらは、さらりとした使い心地なのにうるおいが持続するハンドクリームです。

ジュリーク ローズハンドクリーム

普段使いには定番のニュースキンが使いやすいです。べたつかないので、パソコン仕事の妨げになりません。

ジュリークのハンドクリームはカバンに入れておき外出先で使用するのに使用しています。見た目がおしゃれなので、人目につく場所での使用にもGOOD(笑)です。

 

おしゃれアイテムのひとつとして

かわいいパッケージの商品や香りのよいハンドクリームは、持っているだけでおしゃれです。メイク用品同様持っていると気分もアップするハンドクリームはこちら。

 

クロエ パフュームハンドクリーム

バッグや洋服でもおなじみのクロエのハンドクリームです。香りが良くその名の通りまるで香水とハンドクリームを同時につけているようです。

 

LOLLIA ハンドクリーム

花柄のかわいいチューブに入った香りもかわいいハンドクリームです。カバンに入っているとテンションアップします。(笑)

 

おしゃれなハンドクリームは、化粧ポーチに常備したり会社のデスクに置いておくなど「見せハンドクリーム」としておすすめです。

女性は総じてハンドクリームを使われる方が多いので、ちょっとしたお礼やプレゼントにはこちらのハンドクリームを差し上げると喜ばれます。

ハンドクリームを選ぶときの注意点

ハンドクリームは用途に合ったもの、自分に合っているものを選ぶことが大切です。

 

用途においてですが、香りの強いハンドクリームは職場やお食事の場面には不向きです。最近の商品は非常に香りが強いものもあり、人工的なにおいが苦手な人には香水と同様に不快に感じられてしまうこともあります。

締め切った室内にほかの人と一緒に過ごす場合や、食べ物が置かれている場所では香りを控えた商品が相応しいようです。

 

ペットの動物がいる場合などで、動物が手を舐めることがある方はハンドクリームの成分に注目して選ぶようにすることをおすすめします。アロマ成分が入っているものは猫などが舐めると危険なことがあります。

 

肌の弱い方やアレルギーなどをお持ちの方はハンドクリームの原料によってトラブルを引き起こしてしまうことがあります。傷がある場合なども使用には十分に注意をしてください。

肌の弱い方やペットのいる方におすすめのハンドケア

市販のハンドクリームは多くの人が使用して問題がないように作られていますが、アレルギーをお持ちの方や、肌の弱い方、ペットのいる方は合わないということもあります。

そのような場合におすすめのハンドケアをご紹介します。

 

ワセリン

ドラッグストアなどで販売しているワセリンは香料に弱い方や、ペットのいる方におすすめです。

ハンドケアだけでなく、唇やかかとのケアなど全身に利用できます。

最近では子供向けの商品や、ローションタイプなども見られますが、私は基本のワセリンを大瓶で購入し、そのまま使用したり少しオイルで伸ばしたりして自分で汎用的に使用しています。
たくさん着けすぎるとべたべたしますので、少なめをうまく伸ばすようにして使用しています。

アーモンドオイル+セタフィル レストラダームボディローション

エステサロンなどのマッサージでも利用されているアーモンドオイルを使ったハンドケアもおすすめです。アーモンドオイルだけですとべたべたしてしまいますので、私はセタフィルのボディーローションと1:1くらいの割合で混ぜ合わせて使用しています。乾燥の程度やお好みのテクスチャ-によって加減してみてください。

伸びが良いので、ハンドだけでなく、腕や脚など乾燥が気になる部分にひろく使えます。

 

蜜蝋とアーモンドオイルで手作りハンドクリーム

原料にこだわりたい方や、市販のハンドクリームでは物足りない方は自分でハンドクリームを作ってみてはいかがでしょうか。蜜蝋とアーモンドオイルがあれば、簡単に作ることができます。お好みのアロマオイルを加ええるとオリジナル作品が完成です。

出来上がったクリームはリップクリームなどとしても使用できます。

終わり

おすすめのハンドクリームについてみてきましたがいかがでしたでしょうか。最近ではハンドクリームの種類が増え、何を買ってよいのか迷ってしまいます。

 

私は、香りのよいかわいらしいパッケージのハンドクリームが好きです。しかしながら、猫を飼育していることや、仕事で不特定多数の方にお会いすることが多いため普段はできるだけ香りを控えたハンドクリームを使用しています。

ただし、お気に入りの香りは気分を上げ仕事の士気も高めてくれますので、香りのあるハンドクリームは癒し効果も期待しいつもバッグに忍ばせています。

 

せっかくたくさんの種類がありますので、普段使い用 or 勝負用など、用途に合わせたお気に入りを見つけてみてはいかがでしょうか。

100navi-公式Twitter-
広告