【すべて無料体験済み】子ども英会話教室の人気3スクールをレポ

公立小学校でも必須科目の「英語」

子供の習い事としても大人気ですよね。

 

2020年にはオリンピックも開催され、

これから先ますます、

英会話が必要な国際社会となっています。

 

我が子も幼児クラスに参加できる年齢(3歳)になり、

気になる英会話スクールの体験教室に参加してみました!!

 

今回参加したは、

・ベネッセ ビースタジオ
・ヤマハ英会話教室
・ECCジュニア

の3校です。

 

実際に参加して初めて分かった、3スクールの

・雰囲気
・費用
・教材
・スクールの方針
・感想

を徹底比較します。

 

⇨⇨⇨ちなみに「親子一緒」の英会話教室はこちら
【親子一緒】で学ぶ英会話教室4選!親子で学ぶと得られる3大メリット?

 

目次

この3つの英会話教室にした理由

無数にある英会話教室・・・

どの教室のWEBサイトも様々な謳い文句で、

教室・教材・教師陣がいかに優れているかを

掲載していて、迷ってしまいます。

 

どの教室も特色があって楽しそうですが、

通う子供は1人・・・

もちろん通える教室は1つのみ。

 

すべての教室に体験に行って、

一番合う教室に通うのが理想ですが、

全部の教室を回ったら、

体験だけで半年近くかかってしまいます。

 

悩んだ結果、

以下の条件に合う教室の体験に行くことに決めました。

 

①通いやすい

せっかく習い事を始めるからには

長く続けたいので、通いやすさは外せません。

 

立地や距離はもちろん、

スケジュールも重要です。

 

②講師

ネイティブ、日本人講師どちらにも、

それぞれ良さがあると思います。

 

どうせならネイティブ講師がいい・・・

と考える方も多いと思います。

 

ですが「自分の子どもとの相性」

が重要だと思います。

ここは体験して、見極めるしかないですね。

 

③レッスン内容

習い事といってもまだ3歳。

楽しめるカリキュラムであることが大切かと思いました。

 

各社のホームページや請求した資料の中身などで検討して、

体験を3教室にしぼったので、

実際体験した内容をご紹介します。

 

ミネルヴァが新しく生まれ変わった!ベネッセの英会話教室「ビースタジオ」

ビースタジオの外観

老舗の子供向け英会話教室ミネルヴァが、

ベネッセグループの1つとして「ビースタジオ」として生まれ変わりました。

 

ミネルヴァ時代にはなかった、

ベネッセのキャラクターしまじろうが採用された教材が

3歳児にはどんぴしゃです。

 

もちろん息子もしまじろうが大好き!!

それだけでも通う決め手になるほどです。

 

ビースタジオには、

プラザ校とホーム校の2つが用意されています。

 

プラザ校

プラザ校は月謝は高くなりますが、

ショッピングモールの中に教室を構えていて

駐車場などの利便性は抜群です。

 

ホーム校

ホーム校は講師の自宅などの個人教室に近い雰囲気で、

その分月謝が安く、年会費も無料です。

 

今回私は、車での通学が前提だったので、

車で10分程度の場所にある、

プラザ校に体験にいってみました。

 

ビースタジオ教室概要

3歳からは母子分離で、

保護者は送迎と終わった後に

講師の先生から5分程度の説明を受け

コミュニケーションを図ります。

 

■プログラム(月4回/レッスン時間:55分)
今回の教室は、日本人講師によるKidsコースになります。

①ウォームアップ

「Hello Song」オリジナルソングを歌ってレッスンスタート

②絵本

しまじろうや、
ビースタジオオリジナルキャラクターが登場する「絵本の読み聞かせ」。
こちらは月ごとに、
教材のストーリーブックが変わります。

③チャンツ

リズムにあわせて、
単語を繰り返し聞いたり話したりします。

④アクティビティ

工作、ダンス、ごっこ遊びなど、
教室のお友達と楽しめる時間です。
息子の参加した日は、
サッカーに見立てたゲームをして遊びました。

⑤ワークブック

自宅でのワークブックを確認。
主にABCを模したぬり絵などです。

⑥まとめ

レッスンのおさらい、
オリジナルの「ABCsong」を歌って終了。

⑦シェアリング

お迎えにきた保護者との情報共有の時間。
ホームワークの説明や、
今日のレッスンのポイントなど。

 

■教材

体験した教材は以下になります。

Story Book

月ごとに内容の異なる12冊の絵本。
体験した4月最終週は、
5月の教材で「Go to the ZOO」という
動物園のお話しでした。

Workbook

ぬり絵、シール貼り、迷路など楽しみながら
アルファベットを楽しめるようになっています。

Craft Cards & Stickers

簡単な工作やシール貼りなどのクラフト一式ですが、
体験の日は使用しませんでした。

CD&DVD

こちらは完全に自宅用です。
教室では備え付けのCDを使用しますので、
持参は不要です。

 

以上が教材です。
その他持参するものとしてクーピーなどの色鉛筆が必要です。

■費用

入会金:10,000円
年会費:6,000円
受講料:7,500円(月額)
教材費:15,915円

■ビースタジオ感想

しまじろう大好き息子なので、

しまじろうのワークブックだけでも好感触でした。

 

独自のイメージキャラが強いのは、

かなりプラスになります。

こどもちゃれんじ紹介制度を徹底解説 | 裏ワザも?【プレゼント実物写真あり】

 

ただ、講師が少し残念で、

年齢40代の女性の講師でしたが、

緊張されていたのか。

少しおぼつかない印象を受けました。

 

それ以外は、

オリジナルの一風かわったABCソングのダンスも含め、

喜んで参加していました。

 

ただ、

まだ3歳なので集中力が55分ももたないようです。

30分くらいが限界のようです。

 

音楽教室の最高峰が教える英会話「ヤマハ英会話教室」

ヤマハ英会話教室の外観

昔ピアノ教室でお世話になったヤマハですが、

英会話教室も展開していました!!

 

確かにあれだけの教室を開講しているので、

物件の有効活用として

色々な教室を開くのはこのご時世必要ですし、

ピアノで通っている子が英会話もなんて感じで、

沢山通ってくれると嬉しいですからね!!

 

そんな音楽教室が開いた英語教室に、

期待十分で参加してみました。

 

ヤマハ英語教室教室概要

1歳、2歳、3、4、5歳・・・

と細かくコースが分かれているので

年の離れたお友達にもまれることなく、

早生まれの息子でも気兼ねなく参加できます。

 

■プログラム(月3回/レッスン時間:50分)
3歳児は、ポップコーントークとして保護者同伴のクラスになります。

①オープニング

ポップコーントークのテーマソング「English Time」を

歌ってレッスンスタートします。

②ソング+クラフト

英語のリズムと、

アクセントの強弱にあわせて体を動かします。

その後クラフトを使って、

さらに英語の表現を体感していきます。

 

③チャンツ

リズムにあわせて日常の会話のフレーズを親子で体得します。

 

④ビッグブックシアター

当日の歌やチャンツのレッスンで覚えた、

フレーズが盛り込まれた仕掛け絵本です。

BGMにあわせるので臨場感もあります。

 

⑤アクティビティタイム

親子で遊びの時間です。
息子の参加した日は大きな迷路でした。

 

⑥コミュニケーションタイム

まとめの時間。
日本語で講師からその日のポイントなどの説明があります。

 

⑦エンディング

オリジナルソング「See You」を歌って終了。

■教材

ソングブック・CD

春・秋 の合計2冊。
英語の歌とイラストが満載です。

クラフトブック

春・秋 の合計2冊。
この日は使用しませんでしが、

簡単な工作などのようです。

アクティビティブック

春・秋 の合計2冊。

ビッグブックシアターのキャラクターが

登場する迷路などが楽しめます。

 

ミニストーリーブック・DVD

春・秋 各3冊の合計6冊。
どれもちょっとした日常会話を現した絵本です。

DVDは絵本の内容を映像にしたもので、

1ストーリー5分程度のものが6ストーリー入っています。

Hoppyパペット

ヤマハ英会話教室のキャラクターのうさぎのパペットです。

■費用

入会金:5,000円
受講料:4,8000円(月額)
教材費:11,300円

 

■ヤマハ英語教室感想

保護者同伴で参加のタイプだったので、

私も輪の中に入って歌ったり、

踊ったりと楽しみました。

 

ただ、

親が一緒だと甘えがでるのか、

かなり駄々をこねて参加しない時間もありました。

 

講師は50代女性で上品な雰囲気の方で、

どちらかというとピアノの先生なイメージの方で、

うちの息子はけっこう暴れん坊なので先生の手に負えるか、

ちょっと不安を感じました。

 

こちらは月3回実施でお値段もお安めなので、

気軽に始めたい方にはおすすめです。

 

英会話といえば!!英会話教室最大手「ECCジュニア」

ECCジュニアの外観

私の住んでいる界隈でも、

通える範囲内だけでも3教室!!

 

全国に10,000以上の教室があるから、

誰でも通いやすくて便利です。

 

ただ、教室の数は多いのですが、

幼児クラスを開講している教室はまだまだ少ないので、

もっと幼児クラスにも力を入れてほしいところですね。

 

また、ほとんどの教室が、講師の自宅を教室

としているせいか、

比較的受講料が安いのも、

お財布に優しくてありがたいです。

 

今回、息子が参加した教室も普通の住宅の中でした。

 

ECCジュニア教室概要

2・3歳の合同クラスで保護者同伴です。

知育がメインで、

カード遊びなどを取り入れながら英語に触れていきます。

■プログラム(月4回/レッスン時間:40分)
2・3歳児/幼児(PT)クラスになります。
※一部教室によっては3歳からは母子分離もあるようです。

①オープニング

ECCジュニアオリジナル「はじまりの英語の歌」
にあわせて歌とダンスでテンションをあげていきます。

②ご挨拶、インタビュー

先生との英語での挨拶と英語でのインタビューの時間です。
当然ながら息子は答えられず私が受け答えしてました。

③知育あそび

体を使った知育遊びに英語を取り入れているといった感じです。
この日は、大きなパズルをみんなで組み立てました。

④絵本

日常のちょっとしたシーンを英語で表現した絵本の読み聞かせです。

⑤カードを使った英語単語学習

先生の出すカードのイラストを英語で答えていく単語学習です。
繰り返し先生の発生をマネしていきます。

⑥アルファベット

パネルを使ったアルファベットの発音練習。
大文字のアルファベットのパネルを楽しく先生が紹介します。

⑦エンディング

オリジナルソング「Goog Bye」を歌って終了。

 

■教材

ストーリーブック2冊

世界昔話などの絵本。
有名な昔話を英語で読み聞かせします。

ワークシート1冊

お絵描き、シール貼り、パズルなどの知育遊びに使います。

しつけ絵本1冊

ありがとう、ごめんなさいなどといった挨拶や日常会話を網羅した絵本です。

アルファベットパズル1セット

遊びながらアルファベットを覚えられる楽しいパズルです。

DVD ・CD各1枚

授業で流れる歌や踊りを自宅で鑑賞できるようになっています。

■費用

入会金:5,400円
受講料:6,480円(月額)
教材費:16,450円

■ECCジュニア感想

ホームティーチャーといわれるだけあって、

本当に自宅でのレッスンでした。

 

子供部屋に毛が生えた程度の教室で

友達の家に遊びに行った感覚に戸惑いました。

 

息子は40分と短めのレッスンで、

内容が次から次に移っていくので

飽きることなく最後まで参加できました。

 

3歳児の集中力には40分程度が限界

なんですかね。

 

保護者同伴ですが、

どちらかというと見守るに近い雰囲気で、

ダンスも一緒にというよりは

子供が踊っているのを見ていました。

 

講師の先生はベテランで、

安心してレッスンを受けられました。

 

途中別のお子さんがぐずったりしたときも

上手に対応されていて安心できました。

 

決めてはココ!!子ども向け英会話教室選び

3スクールの英会話教室体験レビューをご紹介しました。

どの教室も幼児向けは音楽やダンス、

絵本といった子供が喜ぶコンテンツを盛り込んでいて、

レッスンに飽きさせない取り組みをされていたのが印象的でした。

 

母子分離にするのか、一緒に参加するのか

など、色々悩むところもありますよね。

 

英会話教室を検討されている方には、

体験教室は必ず行っていただきたいです。

 

行かなければ分からないことだらけだと思いますし、

行くことによって教室の雰囲気や一緒に通うお友達、

先生との相性など知ることができます。

 

 

子供英会話教室のイラスト
100navi-公式Twitter-
広告