子供服には無印良品が最高におすすめ!体験してわかった注意点と特徴を紹介

子供に着せる服をどこのブランドで選べばよいか分からない。こんな悩みを抱えるママも多いはずです。また、小さな子供がいるママはみんなどこの服を好んで買っているのだろうということも気になりますよね。今回は、ママの多くが気になっている子供服をテーマにまとめてみました。

 

子供服を選ぶ際には、大人と違って様々なポイントを重視しなくてはいけません。デザイン性、動きやすさ、生地の質、値段。

ママはこのすべてにおいてバランスの良い服を子供服で選んであげたいと思うはずです。

そんな最強子供服ブランドが「無印良品」です。無印良品がなぜ子供服に最適なのか、実際の使用感を交えてリポートしたいと思います。

 

実は「子供服迷子」の経験者です

我が家にも現在3歳の男の子がいますが、初めての子ということもあり色々なブランドの子供服を着せてきました。

しかし、自分の服を選ぶようにデザイン性だけを重視すると動きにくそう、苦しそうといったトラブルが出てくるのです。

失敗だと感じたブランドはその後購入せず、他のブランドを求めるように。そうするとだんだんとどのブランドが子供にとって良いものなのか、迷子になってしまいます。

親しいママ友も同じような悩みを持っているようで、この話題で話が大盛り上がりしたなんて経験もあります。

おそらく、私自身や私のママ友以外にも同じ悩みを持っているママも世の中に山ほどいるでしょう。

しかし、私は無印良品に出会ってから子供服迷子から脱出することが出来ました。子供服迷子中のママにぜひ無印良品の良さを知ってもらい、ぜひ手に取ってみてもらえたらなと思います。

無印良品は子供服の最強ブランドだと確信!

無印良品に出会ったきっかけ

無印良品。このブランドは、私自身子供を出産するまで無縁のブランドでした。

その年の流行ファッションを取り入れているというよりも、ザ・シンプル。シンプル過ぎてどこか年配の方向けのブランドのようなイメージも強かった気がします。

しかし、ふと無印良品に文具を買おうと立ち寄ったときに子供服のコーナーがあることを初めて知ったのです。

 

子供服の選び方、買い方

我が子は年少さんに入る年齢まで自宅で過ごします。ですので、毎日必ず必要になるのが洋服です。毎日同じ服を着るのもなんだか可哀想なので、ある程度の枚数を揃える必要があるわけですが、日に日に体が大きくなるので大量に服が合っても次のシーズンには着られないということになるのです。

そこで私が試してみたのが次の年も着られるようにとワンサイズ大き目の服を購入するということ。こうすれば多少洋服を買いすぎたとしても次のシーズンに買う分がなくなるので結果的に良いのではと考えました。

ただ、そうはいっても気になるのが洋服の値段。出来るだけ安い値段の服をワンサイズ大き目で買って2年着る。これが出来れば最高だと思っていました。

 

安さが売りのブランドだと、やはり質の悪い子供服に当たることが多い

これまで様々なブランド服を子供に着せてきました。「ブランド」といっても有名どころではなく、近所のショッピングモールなどにはいっている子供服店のものばかりです。

他には、「西松屋」や「しまむら」などの服もよく買っていましたが、個人的な意見を言えば、これらの服は手に取りやすい値段ではあるものの、質の悪いものに当たることが多いのかなと感じました。

 

子供服はガシガシ洗えて動きやすいが必須

子供服はなぜこんなにも汚れる?というほど汚れます。砂場、食べこぼし、例を挙げだしたらキリがありません。なので、毎日ガシガシ洗うことが必須となりますが、そうなると質の悪い服はすぐに色あせ、縮み、毛玉などのトラブルが起きます。滑り台で滑ったら服が破れたなんて経験もしました。

そして、体全体を大きく動かすので動きやすいのも必須条件です。

このすべてを満たしているのが無印良品の子供服でした。

無印良品の子供服は、よく言えばシンプル、悪く言えば地味です。

しかし、デザイン以上の服の質にこだわったブランドだと思います。

値段も物によってはお手頃価格とは言い難い値段のものもありますが、それ以上の質がついてきます。

・ガシガシ洗濯をしても色が落ちるどころか形が崩れることもなく、毛玉や縮み知らず
ボタンの縫い付けがかなり強力で外れてしまった経験がありません。
・生地が柔らかいので肌にも優しく着心地がよいです。
・余分な飾りがない分性別を問わず着せられますので、下の子が生まれたときのために取っておくことも出来ます。

無印良品の質の良さを知ってからは、それ以降子供服で購入するのは無印良品ばかりです。

ちなみに、私自身の服も無印良品にシフトしました。

頻繁に買えない服だからこそ飽きにくくて長く着られるもの。

そして、子供の予想外の動きにもササっと対応出来て動きやすいもの。

この希望を実現させてくれるのが無印良品です。

 

また、無印良品の商品はほとんど、ロハコで買えます。Amazonや楽天でも買えますが、今はロハコの方が圧倒的に品数が多いです。

さらに本家の無印良品の通販サイトで買うより、ポイントが付いたり、ロハコのキャンペーンが併用できたりするのでお得です。

一度ロハコの品揃えをチェックしておくのも重要ですね。

LOHACOはこちら

 

子供服のサイズ選びは難しい。

無印良品は、子供の体にピッタリサイズを購入しても良いですし、大き目サイズを購入し、次の年も十分着ることが出来ます。

私は購入時に多少大き目であったとしても、洋服を何度も着てボロボロにならないのであればそっちの方が良いのかなと思っています。

しかし、無印良品の子供服を購入し、失敗した経験があります。

それはサイズ選びを記載の数字だけで判断し、購入したことです。

その時の子供が来ていた洋服のピッタリサイズが90㎝でした。

無印良品の子供服を物色中に好みの洋服が見つかったのですが、次の年も着られるようにと100㎝のサイズを選びました。

ワンサイズ大き目であれば、今着てもちょっと大きい程度だろうという認識があったため、試着をせずに購入してしまったのです。

しかし、いざ自宅で子供に着せたところ、あまりにも大きすぎて購入した年は着ることが出来ませんでした

また次の年に着られるならいいやと思っていたところ、そのシーズン終盤にあるセールでまさかの半額以下の値段で売られているのを発見・・・!

なんだかとても複雑な気持ちになってしまったことを忘れません。

自宅で子供に服を着せたときに、サイズ交換をするという手も思い浮かびましたが、購入した店舗がたまたまいつも行く店舗ではなく、遠方の店舗ということもありサイズ交換をしませんでした。

子供服のサイズ選びは本当に難しいなと感じた瞬間です。

 

子供服であっても試着はその都度した方が良い

大人であれば、洋服を購入するときには試着をしてどんな雰囲気になるのか確認することが多いと思います。

しかし、子供、ましてや年齢が低ければ低いほどいちいち試着をすることが難しいですし、正直手間でもあります。

ただ、無印良品で子供服を購入するのであれば、試着をすることをおすすめします。

ピッタリサイズを購入する場合、大き目サイズを購入する場合、どちらの場合もです。

というのも、無印良品の子供服は比較的ゆったりしたものが多いなという印象があります。

ちょっと大きい・・?w

特に男の子のパンツ類はウエストからお尻の部分がとても余裕のあるデザインが多いのでサイズだけを見て購入すると、ピッタリサイズであってもウエスト部分がずり落ちてしまう事も考えられるのです。

また、トップス類に首元が大きくあいたデザインのものもあります。

この場合、ピッタリサイズで購入しないと、胸元が丸見え状態になってしまいますのでみっともないですし、かといって下に重ね着が出来るほど腕の部分に余裕がないなどと、調節が難しい洋服もあります。

無印良品の試着室は、とても広いですし、綺麗です。

 

平日であれば、試着室も比較的空いているので、ゆっくり時間をかけて試着が出来るのではないかなと思います。

購入後に後悔しないためにも、その都度試着してみることをおすすめします。

 

無印良品の子供服は、着心地、質、デザイン、値段、どの点をみても最強だと思います。

必然的に我が子のクローゼットには無印良品の洋服ばかりが並んでいますが、飽きのこないデザインということもありコーディネートのパターンもとても豊富になりますよ。

すぐにサイズアウトしてしまう子供服だからどんなものでも良いという考え方もありますが、子供の成長の妨げにならないためには、動きやすい子供服を着せてあげるということもとても大切なことです。

動きやすくて我が子に似合っている。そして、どれだけ汚れてもガシガシ洗えて清潔な状態にしてあげられる

子供服の理想的な条件なのではないでしょうか。

 

無印良品の商品を買うならロハコがお得!(本家で買うより、プレゼント・ポイントが付与できるため)

100navi-公式Twitter-
広告