葉酸とビタミン以外で、妊活に必要な栄養素?【食事ではほぼ摂れません】

妊活中は、

ママになるための体づくりが非常に重要ですよね。

 

アルコールやカフェインを控えるのはもちろん、

バランスのとれた食事をとらなくてはなりません。

 

また、それと同時に意識したいのが、

ママになるための体づくりをサポートする栄養素

を補っていくことです。

 

みなさんは、

妊活中に必要な栄養素がいくつあるのかご存じでしょうか。

 

今回は、

これだけは妊活中に摂取しておいた方が良い!

という事を中心に、

・妊活に必要な栄養素は、葉酸、ビタミン、あと何?

・ベジママがここまで人気になった凄い栄養素

・ベジママのおかげもあるかも?(妊娠体験記をちょろっと)

という内容で、紹介していきます。

 

妊活中に欠かせない栄養素①:葉酸

厚生労働省「日本人の食事摂取基準」
画像引用:厚生労働省 日本人の食事摂取基準

 

これはもう今では、皆さんご存知の栄養素です。

葉酸は、

妊活中の女性にとって絶対に外せない栄養素の1つ。

 

なぜ、妊活中に摂取する必要があるのか?

と言いますと、

葉酸は、胎児の
「神経管閉鎖障害の発症リスク」
を抑えることができる

と報告されているからです。

参照:日本先天異常学会からのメッセージ
http://jts.umin.jp/new/JTS_message2018_j.pdf

 

決して、

「妊娠しやすくなる栄養素」というではありませんが、

厚生労働省では、妊娠を計画しているときから葉酸を摂取することを推奨しています。

参照:葉酸とサプリメント ‐神経管閉鎖障害のリスク低減に対する効果
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-05-002.html

 

妊活中に欠かせない栄養素②:ビタミン類

ビタミン豊富なベジタブル!

こちらも基本的な栄養素ですね。

妊活中はビタミン類の摂取も、欠かせません。

特に必要とされているのが

ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンEです。

 

ビタミンはお肌にも、ものすごく良いですよね

 

 

ビタミンB12

ビタミンB12は葉酸とともに、

赤血球中のヘモグロビンの生成を、

サポートする栄養素として知られています。

 

葉酸のような、

先天性異常のリスク低減効果は報告されていませんが、

男性の場合…精子の生成促進、
女性の場合…受精卵の着床を助ける

という効果があり、

妊活にも役立つと期待されている栄養素です。

 

主に牡蠣やレバー、

しじみなどに多く含まれています。

 

ビタミンC

妊活中は、

普段以上にストレスが溜まりがちですよね・・・

 

焦りや周囲からのプレッシャーによってストレスが溜まると、

知らず知らずのうちに妊活サイクルが乱れてしまうことも。

 

そんなときに卵子の発育や着床を

サポートしてくれるのがビタミンCです。

 

主にイチゴやレモン、

ブロッコリーなどに多く含まれています。

 

ビタミンE

女性バランスに働きかけ、

体のサイクルを整えてくれることが期待できるビタミンE。

 

もともと抗不妊因子として発見されたこともあって、

妊活ビタミンとも呼ばれています。

 

ナッツ類やかぼちゃ、

うなぎに多く含まれています。

 

妊活中に欠かせない成分③:ピニトール

葉酸やビタミンが妊活に必要な栄養素であることは、

既に知っていた方も多いかと思います。

 

では次に紹介する

ピニトールはご存じでしょうか。

 

ピニトールとは、

大豆やルイボスなどマメ科の植物から抽出される

天然の妊活サポート成分です。

 

世界が注目しているこちらの成分は、

女性バランスや乱れた生活リズムを整え、

ママになるための体づくりを

サポートする効果が期待されています。

 

さらに近年では、

不妊の原因である「PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)

の改善にも効果があるのではないか

と注目されている話題の妊活成分なんです♪

 

業界初!ピニトール配合の妊活サプリ『ベジママ』

ベジママ公式サイトフリー画像

ママになるための体づくりをサポートしてくれる

ピニトールですが、

残念ながら、普段の食事から摂取するのは、簡単ではありません。
(とにかく豆をたくさん食べなくてはいけませんからね。)

 

しかし、

妊活中の女性に向けて開発された『ベジママ』なら、

毎日たっぷりピニトールを摂ることができちゃいます!

 

妊活雑誌で特集されている「ベジママ」
画像引用:https://vegestory.jp/lp_vm190201/

「ベジママ」は多くの妊活雑誌で特集されている、

今話題のサプリメントです。

 

ピニトールをはじめ、葉酸やビタミン類など、

ママの体づくりを応援する栄養素がギュッと配合されています。

 

産婦人科でも取り扱われているから、信頼性は抜群!

結果で選びたい方におすすめの妊活サプリです。

 

妊活サプリ『ベジママ』

内容量124粒(1日4粒×31日分)
価格(税抜)5,500円2,750円

 

ベジママは現在、

公式サイトにてお得なキャンペーンを実施中!

妊活サプリ『ベジママ』

 

初回に限り半額で購入できますから、

何を試してもなかなか結果が出ない…という方は、

一度、試すのはありですね。

 

妊活は焦りが禁物!できることから始めるのが一番の近道

前項で紹介したベジママは、

実は私が妊活中にお世話になったサプリの1つ。

 

 

遡ること数年前、

私は皮様嚢腫という卵巣腫瘍と、

子宮内膜症のWパンチで妊娠しづらい状況にありました。

 

診断後、皮様嚢腫は手術によって取り除かれましたが、

子宮内膜症は完全には治らないと言われ、

かなりショックを受けたことを覚えています。

 

というのも、子宮内膜症は不妊の原因の1つとされているから。

 

このまま子供ができなかったらどうしよう…

数ヵ月はそんな不安を抱えていました。

 

しかし、産婦人科の先生からのアドバイスもあり、

とりあえず出来ることからやってみようと決意。

 

そこで色々と妊活について調べ、

辿りついたのが、今回のような妊活サプリでした。

 

妊活に「本当に必要な栄養素」で、まずは体づくりを。

ベジママを飲み始めて1カ月後、

それまで不安定だった体のリズムに変化が。

 

体がイキイキして、

女性バランスも整ってきている感じがあるんです。

 

また、ベジママを飲んでいるという安心感からか、

ちょっとずつ妊活への焦りも薄れてきていました。

 

そして嘘のような話に聞こえますが、

私は飲んでから翌月に妊娠が発覚してます。

 

とんとん拍子すぎて、自分でもびっくり。

 

さすがに「ベジママを飲んだから妊娠できた!」

というわけではありませんし、思ってもいないです。

 

少なくともベジママを飲んでいたおかげで、

ママになるための体に、

一歩近づけたのだと思います。

 

妊活中の焦りやプレッシャーは本当に禁物です。

 

もし現在も妊活ストレスを感じているのなら是非、

体も心もサポートしてくれる、

ベジママを始めてみてはいかがでしょうか。

 

妊活サプリ『ベジママ』

 

ベジママ商品と粒とマタニティマーク
100navi-公式Twitter-
広告