妊娠中の汗対策はどうする?汗を抑える方法と、ニオイ対策【プレママ要チェック】

妊娠すると汗っかきになる悩みは、

よくあること

 

汗の多さ
汗のニオイ

は、やっぱりどうしても気になるものですよね。

 

周りに嫌な思いをさせていないか・・・?

など、汗の悩みは意外と深刻なもの。

 

私も、

妊娠をきっかけに汗っかきになり困ったものです。

 

そこで今回は、汗に悩む皆さんに

・妊娠中の「汗の抑え方」
・おすすめの汗対策アイテム

・妊娠中の「汗のニオイ対策」
・普段できる汗をかかない方法

を解説していきます。

 

実際にやってみたり、使ったりした商品なので、

「体験したからこそ伝えられる情報」をお届けします。

 

妊娠したら汗がダラダラ!どうして?

妊娠した女性が遠くの木を見つめる

妊娠したら体がポカポカするようになり、

少し体を動かすだけで暑くてたまりませんでした。

暑くて汗がだらだら・・・!

なぜなのでしょう…

 

あまり汗をかかない体質だったのに…

妊娠前までは、ほとんど汗が出ない体質でした。

 

夏場でも涼しい顔をしているので、

メイク崩れはあまりしないし、

服に汗が染みることもほとんどありませんでした。

 

友達には「汗かかなくていいな」と

夏になるたびに羨ましがられたものです。

 

しかし妊娠をきっかけに、

嘘のように汗の出ない体質は変わったのです…

 

家事をするだけで汗ばみ、

気温が高ければ服は色が変わるほどビチョビチョ。

 

「妊娠すると体質が変わる」とは

よく言われていますが、

本当にそれを実感しました。

 

妊娠中に汗っかきになる原因

黄体ホルモン(プロゲステロン)が増えるため

妊娠すると体が熱っぽくなり汗が出やすくなるのは、

プロゲステロンというホルモンが増えるため。

 

プロゲステロンには、

体温を高く保つという効果があるので、

新陳代謝が活発になり汗をかきやすくなるのです。

 

脂肪が増え体温が逃げにくくなる

妊娠するとお腹の赤ちゃんを守るために、

体に脂肪がつきます。

 

脂肪は体の熱を逃げにくくする効果があるので、

体が温まり汗をかきやすくなります。

 

これが春、夏となると

暑くてたまらず汗がダラダラ出てしまうんです。

 

この記事を書くことになったワケは…

妊娠中に汗っかきになると最初、焦りました。

 

でも、調べてみたりお医者さんに聞いてみると

汗っかきになるのはよくあること」とのことで、

不安になることではありませんでした。

 

それでも汗は不快なものですが・・・

 

私が知っていることをお伝えして、

汗の悩みを少しでも軽減できればなと思います♪

 

妊娠中に使っていた汗対策グッズ

私が妊娠中に使っていた商品がありますが、

汗拭きや下着にとっても快適な商品だったので

一部ご紹介します。

 

汗取りインナーサラリスト(価格…1,000円 ~ 1,500円程度)

特徴

綿と吸水性に優れた生地を使ったキャミソールで、

汗をかいても、すぐに汗を吸い取ってくれて

とっても快適に過ごせる下着です。

 

しかもカップがついているから

ブラジャーいらず。

 

ブラジャーの締め付けからも解放されるから

本当に快適なんですよ。

 

しかもこの汗取りインナーサラリストは

授乳にも対応しています。

 

片手でカップを下げるだけで簡単に授乳できるから、

赤ちゃんを抱っこしながら、

手軽に授乳ができるんです。

 

妊娠中…普通に、汗取り用の下着として使える。
出産後…授乳用の下着としても使える。

 

妊娠中から出産後まで、

長く使い続けられるのもオススメポイントです♪

 

使ってみた感想

着心地が軽く肌触りがよくて、

すぐにお気に入りに。

 

ブラジャーがいらないので体が楽だし、

汗もよく吸い取りサラサラ肌を保てました。

 

出産後の今もまだ、

使い続けてるくらい気に入ってます♪

 

For Neat 冷感運動タオル(価格…1,000円 ~ 1,500円程度)

ForNeat 冷却タオル

特徴

For Neat 冷感運動タオルは、

水で濡らして振ると、

ひんやりとしてとっても気持ちいい!

 

汗もよく吸い取るタオルで、

肌触りが良くてお気に入りです。

 

水に濡らしたタオルを持ち歩くのはどうなの?

と思うかもしれませんが、

ケースがついてるので持ち運びも便利。

 

冷たいタオルで肌をおさえれば

ダラダラの汗も引いていきますよ。

 

涼しさを持ち運べるのが嬉しいタオルです。

 

使ってみた感想

暑いときにケースから取り出して

肌に当てると涼しくて、汗がひいてくれました。

 

首に巻けばすぐに体温を下げてくれます。

 

速乾性なので洗濯して干せば

すぐに乾くのもよかったです。

 

妊娠中に使っていたニオイ対策グッズ

次は、妊娠中にお世話になった

「ニオイ対策」に良かったアイテムです。

 

妊娠すると乳腺が発達し、

アポクリン汗腺というところから汗が増えます。

 

アポクリン汗腺から出る汗は、

ニオイの元、アンモニアが含まれているので、

ニオイの原因になるのです。

 

これが妊娠中の気になる汗のニオイの正体

 

そんな汗のニオイを抑えてくれたのが、

このアイテム。

ミョウバン

価格…内容量などによる(500gで1,100円程度)

アイテムというより、物質ですね。

 

特徴

ミョウバンを溶かすと酸性になります。

 

汗のニオイは雑菌が繁殖することが原因なので、

酸性のミョウバンをつけることで

雑菌の繁殖が抑えられ、ニオイを防げる

という仕組みです。

 

殺菌作用もあるので、ダブルの雑菌対策ができ、

雑菌臭を効果的に防ぎます。

 

ミョウバン使用方法

ミョウバンを汗のニオイ対策に使う方法はこちら。

 

①ミョウバン50gを1.5リットルのペットボトルに入れ、水を注いでミョウバンをよく溶かす
②スプレー容器にミョウバン水を入れる
③ニオイや汗が気になるところにミョウバン水をスプレーする

 

ミョウバン水は、添加物を入れていない肌に優しい

手作り制汗剤。

 

妊娠中の敏感な肌にも、

安心して使えるのでおすすめ。

 

小さいスプレー容器に入れれば、

携帯することもできますよ♪

 

使ってみた感想

妊娠中に、制汗スプレーを使うのは肌への影響、

「吸い込んでしまうかもしれない」

と思い、心配で使えませんでした。

 

ミョウバンなら、

自然由来の成分だから安心して肌に使えます。

 

添加物とかは何も入ってないのに、

驚くほどニオイが抑えられますよ。

 

生活の中でできるニオイや汗かき対策

汗をふく女性

次に、「生活の中でできる汗の対策方法」です。

ちょっとした工夫で汗を抑えることができるので、

ぜひお試しください。

 

こまめに着替える

汗をかいたらそのままにせず、

こまめに着替えをします。

 

汗をそのままにしておくと雑菌が繁殖し、

ニオイのもとになってしまうので、

汗をかいたら着替えをして、

雑菌臭をさせないようにしましょう!

 

日傘をさす

日傘を「さす・ささない」では、

体感温度はまったく違います。

 

日差しが強いときには、

日傘をさして直射日光を浴びないようにしましょう。

 

通気性のいい素材の服(綿、麻)

綿や麻などの素材でできた服は通気性がよく、

服の中が蒸れにくいので快適に過ごせます。

 

汗もよく吸い取ってくれ、

乾きもいいので、汗が肌や服からすぐなくなり、

嫌なニオイにもなりにくいです。

 

綿や麻の服は風通しがよく、

風を浴びると「スーッ」と、

涼しさが通り抜けていくのが気持ちいいですね。

 

汗対策をする上での注意点

汗対策にいくつか方法をピックアップしましたが、

注意したいポイントもあります。

 

肌に触れるものは肌に合わなくなっている可能性がある

妊娠すると妊娠前の体質、

肌質とはガラッと変わってしまうことがあります。

 

今まで大丈夫だった服や、

タオルの生地が肌に合わなくなっていたり、

ちょっとした刺激で肌荒れを起こすことも。

 

新しい服やタオルを買ったあとは、

肌荒れが起こらないか、

様子を見てくださいね。

 

私はとくに肌荒れした生地は幸いなかったのですが、

本当に体質や肌質ががらっと変わるので油断はできません!

 

ミョウバンも、

人によっては肌に合わないこともありえます。

 

もし肌荒れをすることがあったら、

使うのはやめておきましょう。

 

汗の吸収がよく速乾性があるといっても過信しすぎない

いくら汗の吸収がよく速乾性があるタオルや服でも、

ずっと着ていたらニオイはでてしまいます。

 

吸収があまりよくない服よりは、

ニオイ対策に優れていますが、

長く汗をそのままにしておくのはよくないですね。

 

とにかく汗は放置しないこと!

 

ニオイになりにくいといっても、

こまめに拭いたり、

着替えをサボらないようにしましょう。

 

ミョウバンは1日中効果が持つわけではない

ミョウバン水は、

ニオイを予防する効果に優れていましたが、

1日1回使うだけでは効果はもちませんでした。

 

ミョウバン水をつけていても、

服がこすれたり、

汗でミョウバンが落ちてしまうのが1日もたない原因です。

 

汗対策の注意点を解決するためには…

前の項目で挙げた注意点を解決するためには、

こんなことに気をつけるといいですよ!

 

肌の様子と相談しながら商品選び&肌に触れないようにする

服を着たあとに肌がかゆくなったり、

肌荒れをする場合には、

原因がなんだったのかを特定しましょう。

 

今まで着ていた服を着るたびにかゆくなったり、

新しく買った服やタオルで肌にトラブルが起こるのなら、

その商品と同じ素材は選ばないようにします。

 

タオルは目の粗いものよりも、

細かいものを選ぶのがおすすめ。

 

肌にあたったときの摩擦が少なく、

やわらかい手触りで刺激になりにくいですよ。

 

ミョウバン水は1日に何度かつけ直す

服とのこすれ、

汗でミョウバンが落ちてしまうので、

1日1回のミョウバン水では汗対策をしっかりできません。

 

1日に何回か肌を濡れタオルでふき、

清潔な状態にしてからミョウバン水をつけなおしましょう。

 

何度かこまめにつけなおしていれば、

汗のニオイをずっと抑え込んでくれますよ!

 

ミョウバン水を何度か使ってるのにニオイが気になる…

という場合は、

ミョウバンを溶かす水に緑茶もまぜてみて。

 

緑茶にも消臭効果があるので、

ニオイが強めの方でも満足のいく効果を感じられるはずです。

 

汗対策をして快適なマタニティライフを!

いかがでしたか?汗の多くなる妊娠中も、

このような対策をとれば驚くほど快適に過ごせます。

 

汗をたくさんかいて、嫌だ・・・」

とお悩みの妊婦さんはぜひ試してみて下さい。

 

ぜひこちらの記事を参考にし、

汗の悩みとサヨナラして、

楽しく快適なマタニティライフを楽しんでくださいね!

 

今回のおさらい

では、最後に今回の記事でご紹介したおすすめの商品と生活の中でできる対策方法のおさらいです。

おすすめの商品

●汗取りインナーサラリスト
→授乳にも対応しているキャミソール
●For Neat 冷感運動タオル
→冷感作用でひんやりしたスポーツタオル
ミョウバン水
→汗のニオイを抑える肌に優しい自然の制汗剤

生活の中でできる対策

●こまめな着替えをしてかいた汗をそのままにしない
●日傘をさし直射日光を浴びない
●通気性のいい服を着る
わき汗のニオイを気にする女性
100navi-公式Twitter-
広告