ヨシケイの感想/辛口レビューでもおすすめできる理由

食材宅配サービスって、使ったことはありますしょうか?

家族を持ち、子どもを生んでからの買い物スタイルって、激変しますよね。特に、妊娠・出産にあたり、必要な日用品や食料品が、全く変わってきますが、皆さんは、どう対応しているでしょうか。

子どもが生まれると、買い物するのに車が便利」と言います。まさにその通りですが、しかしただでさえ、出産に備えて準備しなければならないものが多い中、無免許の人が車を用意して運転できるようになるのは、無理があります。

私も主人も車の運転ができず、主人は、さらに結婚した当初、料理をしない人であったことも、「買い物」を大きな試練にしてしまいました。

子育て世帯の大きな悩み「買い物・料理の時短方法」とは

一方(夫もしくは妻)が料理しない夫婦で、家事分担をシェアする場合、「買い物」と「料理」を、別々に分担するのは難しいです。料理が分からないということは、「何が」「どのくらい」必要なのか、分からないということです。

車を持っていなくて、旦那が料理しない夫婦】は、マイノリティなのでしょうか? 今をもって、「男子厨房に立たず」は、それほど珍しくありません。しかし、「車離れ」は進んでいて、2017年の、日本人車所持率は、全国平均で50%程度です。一世帯に一台あれば良いのでしょうが、東京や大阪、京都の各所持率は、20%程度です。
少子化や核家族は増えているはずなのに、車を持たない家庭も増えている事がわかる数字です。

私自身も感じていたことですが、人口密度が高いところで、電車やバスなど、インフラがキチンと整備されているところに住んでいると、車を持つ必要が無いんです。

さらに電車などの公共機関とは違い、時間が読めなかったりするので、そう思うと車の利便性は、維持費との費用対効果に釣り合いません。

しかし、やはり子育て期に入ると、状況は一変して「車があれば・・・という局面は、多々出てきます。買い物にしても、突然泣き出したり、授乳の時間だったりオムツを変えたり。何時なんどき、人目を憚らなくちゃいけない事になるか、分かりません。

特に、「子どもを生んでから75日は床上げしてはならない」という格言あります。悪露の続く時に、無理して動くのは禁物です。

じゃあどうすれば‥‥

 

となるのですが、私は生協とか、ケンコーコム(ドラッグストアの宅配サイト)など、便利な「宅配サービス」を使っていました。

そのうちの一つ、「ヨシケイ食材宅配サービス」を紹介します。

公式サイトは以下です。こちら見ながら、読んでください。

ヨシケイがお贈りする夕食ネット(レシピ付き)

ヨシケイ食材宅配サービスは、共働き世帯の味方だった!

このサービスは「レシピ付きでその材料を宅配してくれる」という物です。

サービス利用の感想を、項目別にまとめてみました。

サービス充実度 5
コスパ 4
3
スタッフ対応 4
エコ度(注意点) 3

って感じです。それでは1つ1つ解説していきます。

サービス充実度 どんなコースがあるの?

まず「レシピ」の内容ですが、ひとり暮らし用・二人から三人の家族用・四人以上の家族用、さらに、その中でも、栄養バランス重視や、コスパ重視のコースなど、多岐に分かれています。

土日はお休みですが、コースの申し込みをすると、月曜日から金曜日、指定時間に自宅へ材料を届けてくれます。
レシピ付きなので、料理の練習になります。あと、私の場合、自分で考える料理は地味なのですが、ヨシケイを利用して作る料理は、インスタ映えします。

申し込みの継続に、厳しい規則があるわけではありません。むしろ、新しいコースやキャンペーンが頻繁にあるので、隔週や隔月で利用する方が、新鮮味があって、楽しいと思います。

コストパフォーマンス

コースによりますが、ひとり一食で500円程度です。

配送料は無料ですが、「塩コショウ」「醤油」などの一般的な調味料は付いていません。
コスパは、「悪い方から順」に、外食 < 惣菜 < ヨシケイ < 完全な自炊 というところです。
出来上がるのが普通の家庭料理であることを考えると、コスパが良いと考えるか、悪いと考えるか、人によって分かれるでしょう。

例えば異常気象で、青物がやたら高い日が続きますと、息子の通う保育園でも、野菜を買うと予算オーバーになるので、メニューが変わります。ヨシケイは定額で栄養が摂れるので、それ(自然災害)を考えると、お得です。

ただし、生まれてからほとんど料理をしてこなかった人が、料理の練習にヨシケイを利用するのは、難しいです。基本的な調理器具や調味料があることが前提です。バランスの取れた食材が完全に調理されて届くことではないので、ご注意下さい。

私は新規入会キャンペーンで、月曜日から金曜日までの二人コース、2980円で始めました。ディスカウントで一食300円なのに、洒落た定食が作れて、満足でした。

量について

ヨシケイで、私がいちばん「うーん・・?」となったのは、量です。

自分で調理するなら、野菜を多目に切って半分は冷凍、という作り置きができますが、ヨシケイが宅配してくれる食材は、その日分だけです。

前日作っておいた分を、朝食べるとか、お昼のお弁当にするのは自由ですが、一食分であることには変わりありません。

私には十分でも、主人はヨシケイで作った量だと物足りなく感じていたようです。

スタッフ対応

口コミを見ると人によって様々ですが、私はママ友みたいな人が担当なので、好印象でした。

女性スタッフが多く、宅配で来てくれた際、いろいろと子育ての話を聞けました。あと、急な用事ができたとき、担当者に電話すれば、宅配時間を遅らせてもらえます。
生協などは、宅配は一週間に一度、時間指定はできません。
それと比較すると、ヨシケイ食材宅配サービスは、担当者とのコミュニケーションが緊密に取れて、かなりフレキシブルです。

ヨシケイ申し込み前の注意事項!こういう場合気を付けて

過去に一回、宅配サービスを頼んでいたものの、親戚に不幸があり、お通夜で県外に行くことになりました。神式のお通夜と告別式で、子どもを連れて、葬式会場に泊まりました。

帰りには、お祀りした後のお下がりの生鮮食品、鯛など生ものもあり、それを先に料理しないわけにはいきませんでした。

ヨシケイの食材を一昼夜ボックスに放置・さらに冷蔵庫で数日間放置した結果、ダメにしたことがあります。

キャンセルは、申込締切日の前日までです。
最低一週間からの予約申し込みなので、週の半ばに事情が変わっても、キャンセルはできません。その日のうちに、宅配の時間をずらしてもらうことはできます。

調理して冷凍しておけば良いのですが、その時はそこまで頭が回りませんでした。

突然の残業が多いとか、旦那さんが飲み会に誘われてご飯作りが要らなくなったなど、みなさん事情はいろいろあると思います。夜の予定が読みにくいときは、利用を控えた方が良いかもしれません。

あと、低炭素社会に向けて気にする人も多くなっていると思うので、ヨシケイの「エコ度」について、注意書きです。

お肉などは、人数分がトレーの中に入っています。丼ものに添えるような三葉、柚子の皮など、数枚・数片が、梱包されて宅配されます。

食材ロスは少ない感覚ですが、ゴミは多くなります。店屋物のように、トレーを回収する仕組みはないので、気になる方は、この点も考慮してください。

ヨシケイでやっちゃった失敗歴公開

買い物で・・・(というか夫婦の問題?)

ヨシケイで気に入ったレシピを再注文せずに、自分で再現しようとしたことがあります。それなら、作り置き分も一緒にできるので、その際の買い物を主人に頼んだのですが・・・

私と同様、主人もペーパードライバーです。そして、主人は今でも独り暮らしの感覚が抜けきれていないという状態・・・

「カレー粉買ってきて」と言うと、「カレールー」を買ってきたり、「大根を買ってきてほしい」と言うと、1/8カットの小さいのを買ってきて、それでご飯を作ると、ほとんど全部食べて「少なかったね、ごめんね」と言ったり。

初めは、「あり得ない」と文句を言っていましたが、だんだん、主人は本当に分からないのだという事が分かりました(笑)。

今は、休みの日など、昼食を作ってくれて、買い物の方もマシになってきましたが、料理できないと、買い物を頼む事が、そもそも難しいのです。

レシピ付きなので、主人に料理の教育をするのにも、ヨシケイ食材宅配にずいぶんお世話になりました。

次はアレルギーで・・・

息子が離乳期のとき、卵ボーロやパンなどはそれなりに食べていたので、ヨシケイのメニューのどんぶり物で、卵の黄身を、レシピよりも長めに加熱したものを食べさせてみました。すると、即座に、顔中にぶつぶつができて、嘔吐。急いで救急病院に行って、翌日、ちゃんとアレルギーを調べてみると、山芋と卵のアレルギーが判明しました。

主人と私に、特にアレルギーはないので、油断していました。

ヨシケイはそれぞれの料理の紹介に、アレルギーとなる食材が記載されています。ただし、アレルギー食品の専用コースが用意されている訳ではないので、注意が必要です。
アレルギーは、程度の問題なので、除去食で問題なければ、宅配されても使わなければ大丈夫です。

ヨシケイは新ママ応援キャンペーンで、離乳食レシピ付きのコースがあります。

ヨシケイは働くママ用のサービスを重視しているので、新ママ応援キャンペーンで、離乳食レシピ付きのコースがあります。

離乳食って、野菜の裏ごしとか、おかゆを喉に引っ掛からなくなるまですりつぶすとか、ものすごくめんどくさい上に、慣れないと難しいです。

お湯を注ぐだけのインスタント野菜もありますが、「お母さんらしい」事がしたくなるのも人情です。離乳食の通信教育を受けているつもりで頼むのも、楽しいです。

今は、子どもは離乳食を卒業していて、主人も料理を作ってくれるようになったので、利用頻度は減りました。

しかし、ハガキで「カット野菜コース」のキャンペーンのお知らせが届いているので、また、時短勤務からフルタイムの勤務に切り替えたときを目処に、利用してみようと思います。

 

ヨシケイも新規入会キャンペーンを、色々やっております。キャンペーン期間中にでも、一度試してみてもいいかもしれません。思っている以上に便利ですよ。

 

 

 

夕食ではなく、

家事代行をお願いした時の記事も読んでみてください。

CaSy(カジー)の「料理」代行をレビュー!プロはどうだったか?