買って溜めるが賢いやり方!1歳児におすすめの6つの消耗品

1歳児のお世話には『必需品』というものが数点あります。
具体的になにかというと、おむつ、おしりふき、手口拭き、離乳食……などなど。
どれもなくてはならないものであり、消耗品です。
なくなったら即買わなければならないものばかりというわけですね。
では、どうやって買い物するのが一番いいのでしょうか?
使ってよかったと思う、育児消耗品を紹介すると共に、買うときのコツなどもお伝えします。

「まとめ買いリスト」として、活用いただければと思います。

1歳児用の消耗品を買うコツは?

おむつやお尻ふき、手口拭きなど、消耗品はとにかく量が多くなります。
赤ちゃん連れでこれらをママやパパひとりで買い物するのは本当に大変。
では、どうしたらいいのでしょうか?
休日パパがいるときに一緒に買い物をするか、もしくは通販を利用するかです。
私は子供が寝ている間に、ぱぱっとスマホで楽天やアマゾンで注文しています。
翌日に届けてくれるサービスなども充実しているので便利であり、行く手間がないのが最大のメリット。
同時に自分の欲しいものをぽちっとしちゃったりして、育児の息抜きもできるのでおすすめですよ。

1歳児用の消耗品を買うときの注意点は?

まとめ買いはほどほどにすることです。
失敗談ですが、おむつのMサイズを大量買いしたら、サイズアウトしてしまい1パックまるまる余ってしまったことがありました。
サイズが変わるおむつや、味の好みが変わることがある離乳食などは、『ひとつきか、ふたつき分』を目安に購入するのがおすすめ。
反対に、お尻ふきや手口拭きは、2歳以降も使用するものですので、まとめ買いをしてもOKです。
しかし、まとめて1年分などの長いスパンでの大量購入は商品の劣化が気になるところ。
アマゾンや楽天などは〇千円以上は送料無料になるサービスもありますので、まとめ買いは3か月使用分ぐらいにしておくのをおすすめします。

1歳児におすすめの「6つの消耗品」はこちら

どれも買い溜めしておくものとなります。

使用した感想と共にご紹介します!

①おむつ

歩くようになるまではテープタイプがおすすめです。歩き始めたらパンツタイプに切り替えましょう。
だいたい歩くようになる目安は8か月から1歳2か月ぐらいです。
まとめ買いをするときは、この期間の月齢になったら量に注意しましょう。

↓おすすめ商品はこちら↓

パンパース テープ M(6~11kg) はじめての肌へのいちばん

メリーズパンツ Mサイズ(6~11kg) さらさらエアスルー 148枚 (74枚×2)

②おしり拭き

一般的なものから厚手のタイプまでさまざまあります。
ママ友たちの間では厚手が人気です。
パンパースはフタがついているものがあるのでいちいちフタを付け替えなくてもいいので便利。
お好みに合わせて選びましょう。

↓おすすめ商品はこちら↓

水99%SP 厚手おしりふき 60枚

パンパース おしりふき 肌へのいちばん 672枚 (56枚×12)

③手口拭き

赤ちゃんが生まれる前は、さほど使わなかったウエットティッシュ類。
まさかこんなに使用頻度、購入頻度が高くなるとは出産前はおもってもみませんでした。
それぐらいすぐなくなりますし、必要性があります。
除菌のできるノンアルコールタイプのウエットティッシュでも構いませんが、赤ちゃんに使用するものなので、しっかりと『手口拭き』と明記されているもののほうが安心ですね。
手だけに使用するのでしたら、アルコールタイプのウエットティッシュでも大丈夫ですが、敏感肌の子は肌が荒れてしまうかもしれません。当然ですがアルコールが含まれていますので、取り扱いには充分注意しましょう。

↓おすすめ商品はこちら↓

ミッキー & フレンズ 純水99% 手・くちふき 60枚入×20個 (1200枚) 日本製 パラベンフリー

ウェットティッシュ 除菌アルコールティッシュ100枚の10袋(1000枚)セット

④ベビー麦茶

赤ちゃん専用の麦茶も売られていますが、伊藤園のミネラル麦茶でも問題ありません。
月齢が低いころは専用の麦茶を購入していましたが、1歳からは伊藤園の麦茶をみんなで飲むようにしています。

↓おすすめ商品はこちら↓

【ケース販売】ピジョン ベビー麦茶 500ml×24本 国産茶葉使用

伊藤園 健康ミネラルむぎ茶

⑤レトルト離乳食

赤ちゃんって一生懸命作った手作りの離乳食、食べてくれないことけっこうあります。
そんなときや、外出先、ママの体調がすぐれないときなど、レトルト離乳食はとても重宝します。
ママ友の中には、3食中2食はレトルトだという人もいました。
赤ちゃんの健康を考えられて作られているものですので、安心して食べさせてあげることができます。
種類も豊富などで、色々ストックしておくと便利ですよ。

↓おすすめ商品はこちら↓

キユーピーベビーフード レトルトパウチハッピーレシピ

ピジョン管理栄養士の食育ステップレシピ 鉄Ca 鶏だんごのトマト煮 1才4ヵ月頃から 120g

BIGサイズの栄養マルシェ 和風ランチセット

⑥粉ミルク

ミルク育児の必需品ですが、1歳からはフォローアップミルクと離乳食を併用して、徐々に卒乳していくのが一般的です。
フォローアップミルクも粉ミルクも赤ちゃんによって好みがあるので、最初は1缶からがおすすめ。
そろそろ卒乳や断乳の時期になる気配や予定がありましたら、まとめ買いの購入数に気を付けてくださいね。

↓おすすめ商品はこちら↓

和光堂 フォローアップミルク ぐんぐん 粉ミルク [満9ヶ月頃から3歳頃] 830g×2缶 ベビーミルク (おまけ付き)

明治 ステップ らくらくキューブ 28g×48袋入り

まとめ

歩くようになると、食料品を買うのさえ大変なことがあります。
それにくわえ、重くてかさばるものも買って……となると、ママの大変さも倍に。
私は一度それを味わってから、これらの消耗品は通販でまとめて買うようになりました。
想像以上に小さい子を連れての買い物は困難です。
息子が3歳になった今でも、その大変さを日々味わっている状態ですので、今でも重いものやかさばるものは通販を利用しています。
玄関まで届けてくれるのでストレスもフリー。ぜひ活用してみてくださいね。

100navi-公式Twitter-
広告