子供を自転車に乗せる時の交通法&おすすめチャイルドシート【保存版】

近年では自転車ブームにより、働くママ達は、

・保育園の送迎
・通勤
・お買い物

と、子供を乗せて走る姿を街のいたる所で見かけるようになりました。

 

自転車は快適な乗り物ですが、

前や後ろに子供のを乗せる為には、

ちょっとした知識と準備が必要です。

 

自転車に子供を乗せたいママの為に、

・安全に走る為に知っておきたい交通ルール、罰則
・おすすめの自転車用チャイルドシート

などを総まとめします。

安全、快適に乗る為の自転車のアレコレを知っておきましょう!

 

自転車に子供を乗せた時の交通ルールは?罰則はあるの?

普段何気なく乗っている自転車。

前や、後ろに子供を乗せて毎日の保育園の送迎や通勤、

お買い物と便利につかっている姿をよく見かけます。

 

この自転車、日常に根ずきすぎてつい忘れがちですが、

道路交通法では「軽車両」になり、

交通ルールや、違反した場合は罰則があります。

 

子供を乗せるうえで特に注意してほしい、

交通ルール、罰則について調べてみました。

 

二人乗りの定義

大原則として、

「自転車の2人乗りは禁止」

です。

 

もちろんみなさん知ってますよね!!

2人乗りでお巡りさんに怒られた・・・なんて苦い経験のある方もいるのでは??

 

そうすると、子供を乗せて走っているママはみんな違反なの?

と思うかもしれませんが、そんなことはありませんが、

法律は存在します!

以下の場合は違反にならないので、安心してください。

「16歳以上の運転者が、専用チャイルドシートを前か後ろに設置し6歳未満の子供を乗せること」

これは、

「3人乗りの時も同じ」

なので守っていれば、違反にはなりません。

 

チャイルドシートに乗れない子供の場合は?

しかもこれだけではありません!!

「チャイルドシートに乗れない年齢の子供」をおんぶして

自転車を運転するママも見かけますが、

これにも交通ルールが存在します!!

「16歳以上の運転者が、4歳未満の子供をおんぶ紐などでしっかりと背負うこと。また、専用チャイルドシートが前か後ろに設置されている場合、更に6歳未満の子供を1名は乗せることができる」

なんと・・・!

抱っこでは自転車の運転はできないんですね!

 

また、おんぶの場合は、

チャイルドシートに乗せることのできるのは1人なので、

4人乗りは絶対にダメです。

 

罰則は?

もちろん罰則もあります。

上記の交通ルールを守らなかった場合、

2万円以下の罰金又は科料となります。

 

ここであげた交通ルールや罰則は、都道府県ごとに多少の違いがあります。乗車できる子供の年齢が違ったりする場合があるので、
詳しくはお住まいの都道府県の「道路交通法施行細則」をしっかり調べてみてくださいね。

また、違反ではなくても、

子供を乗せての自転車の運転はバランスを崩したり、

視界が遮られたりと思わぬ事故の原因になります!!

安全最優先で乗車していきましょう。

 

自転車専用チャイルドシートって?

自転車のチャイルドシートって、

たくさんのメーカーから様々なデザインが販売されていてどれがいいのか目移りしちゃいますよね。

自転車用チャイルドシートのタイプ

自転車のチャイルドシートは大きく分けて2つのタイプがあります。

自転車の前ハンドルの部分に固定する「フロント用」と後ろの荷台部分に固定する「リア用」です。

自転車用チャイルドシート「フロント用」

「フロント用」は乗車した子供が目の前にいるので目を離すことなく運転できて安心です。

ですが、

ペダルをこいだ時に当たらないように小さく作られているのと、

子供が大きくなってくると視界を妨げられるおそれがあるので、

2歳くらいまでで前乗りは卒業をおすすめします。

 

自転車用チャイルドシート「リア用」

「リア用」のチャイルドシートは、

成長にあわせてサイズの調整ができたりと長く使えるので家計に優しい点が嬉しいですね。

ただ、運転中は振り返ることがなかなかできないので、

子供から目を離すことになるのが少し心配です。

しっかりお座りできる2歳くらいから後ろに乗せるほうが安心ですね!!

 

 

それでは、おすすめのチャイルドシートを紹介します。

フロント用、リア用と乗せる子供の年齢や運転する自転車によって選んでみてください。

 

フロント用・リア用おすすめ自転車チャイルドシート

自転車「フロント用」おすすめチャイルドシート

「フロント用」OGK 籐風フロントベビーシート

2段階反転式取付フックでハンドルに引っ掛けて固定するので、

ほぼすべてのママチャリに固定することができる万能フロントチャイルドシート!!

 

籐風のデザインはナチュラルな質感でシンプルな中にもおしゃれな雰囲気が自然派ママからも大好評♪

コスパもよく、5,000円以下で購入できるチャイルドシートです。

年齢:1歳(12ヶ月)以上4歳(48ヶ月)未満
身長:100cm以下
体重:15kg未満

 

「フロント用」ボバイク ONE mini

オランダ王室も使っているセレブ御用達のフロントシート!!

ボバイクはヨーロッパで大人気のチャイルドシートメーカーです。

おしゃれでモダンなデザインと、

安全性を兼ね備えた製品で、

カラーバリエーションもマイティマスタード、

アーバンブラックなど他ではお目にかかれない色彩が豊富です。

 

また、

耐変色性素材で色の変色を防ぎ、耐久性があります。

年齢:9ヶ月以上3歳(36ヶ月)未満
体重:9kg~15kg

「フロント用」スーリー ライドアロング チャイルドシート ミニ

スウェーデンに本社をおくTHULEのチャイルドシート。

シートを簡単に取り外すことができるので、

子供が乗らないときは外して運転するなどシーンにあわせて快適に走行できます。

ベルトは5点式でつけやすく工夫されていますが、

子供には外しにくいデザインなので、

いたずらされても外れることなく安心です。

フットレストとフットストラップが成長にあわせて簡単に調整できるので、

比較的使用期間が短いフロントチャイルドシートの中でも長く使えてお得感もあります。

年齢:9ヶ月以上3歳(36ヶ月)未満
体重:~15kg

 

自転車「リア用」おすすめチャイルドシート

「リア用」トピーク BabySeat™ Ⅱ

台湾のメーカー、

トピークのイメージカラーで目を引く黄色のチャイルドシート。

こちらは乗り心地を重視したモデルで、

シートとキャリアーの間にバネを設けることによって、余計な振動を防いでくれます。

更にリアシートにはめずらしいセーフティーバーが標準で設置されていますので、

ちょっとしたふらつきやカーブなどの悪路も安心です。

フォルムもヘルメット装着時に頭部があたらないように、

背もたれ上部に余裕をもたせたせているので、全体的にゆったり乗車することができます。

年齢:1歳(12ヶ月)以上3歳(36ヶ月)未満
体重:9kg~18kg

 

「リア用」ブリヂストン ルラビーデラックス2

ブリヂストンの電動自転車を使っているママは多いと思いますが、

そちらはもちろん、他のメーカーの自転車にもおすすめのチャイルドシートです。

ベルトの調整に、

スマートフィッターを搭載しているので、

簡単に調整でき、

子供にぴったりのフィットするベルをつけることができます。

また、5点式のベルトで、

アタッチメント部分はステンレスなので安全性も高く長く使用しても消耗しないので安心です。

サイズ調整はもちろんのこと、

荷物ガードがついていて子供を乗せないときも荷台として活用できるのが嬉しいですね。

年齢:1歳(12ヶ月)以上6歳未満
体重:8kg~22kg

 

「リア用」イエップ Maxi (後乗せ)

フロント用のチャイルドシートでも大人気のオランダのGMG社から販売されているイエップのチャイルドシート。

荷台のある自転車、無い自転車どちらのタイプも取り扱っているので、様々なタイプの自転車に設置が可能です。

人間工学に基づいた斬新なシルエットはおしゃれで画期的!!

カラーも豊富でフロントシートも同色展開なので、

カラーコーデも楽しめます。

また、

イエップだけの特殊な素材で作られたシートはクッション性が高く、

子供も喜んで乗車してくれると評価が高いです。

年齢:3歳以上6歳未満
体重:~22kg

 

快適な自転車ライフを!!

自転車を運転するときの交通ルールや罰則、

子供を乗せるときのおすすめのチャイルドシートを紹介しましたがいかがでしたか?

自転車は手軽で日々の買い物、

保育園、幼稚園の送迎にと便利に使っているママは多いと思います。

 

どんなに交通ルールを守っていたとしても前や後ろに子供を乗せているとバランスを崩したり、

思わぬ雨や風といった天候の影響を受けやすく事故の原因になる可能性があるので、

子供にあったチャイルドシートをしっかりと設置し運転には十分注意しましょう!!

自転車の4人乗り
100navi-公式Twitter-
広告