ナップナップ愛用者のレビュー(エルゴも使用済)その使用感とは?機能性とコスパ面を評価!

以前に

エルゴ と ナップナップ

両方使った感想をまとめました。

エルゴとナップナップの抱っこ紐、両方使って感じたこと、どっちがいい?

 

こちらの記事、購読された方が、

「当サイトでは」非常に多かったです。(もともとアクセスが少ないので、多い方、というべきですね。)

 

なので、今回の記事をアップすることに至りました。

 

 

今回は、ナップナップのみ!

です。

 

 

お子さんを連れて歩く時、お気に入りの抱っこ紐があれば、

とりあえず何をするにも問題なし。

とも思えるくらい、最強アイテムなのかもしれません。

 

napnapの抱っこ紐を愛用していましたが、

とてもおすすめ出来る抱っこ紐だと思います。

 

今回は

napnap抱っこ紐の特徴やメリット、デメリットなどを詳しくご紹介しますので

是非抱っこ紐選びの参考にしてくださいね。

 

【napnap公式オンラインショップ

napnap抱っこ紐との出会い

こちらは簡潔に。以前の記事と内容はかぶりますが、

出会い部分をお話します。

(以前の記事読まれた方は、飛ばしてください)

 

napnapという抱っこ紐の存在は、

最初は全く知りませんでした。

 

今回が初めての子育てということもあり、

抱っこ紐を使うのも初めて。

抱っこ紐をどう使って良いのか、

どこのメーカーを選んでよいのかも全く分かりませんでした。

 

友人からのお古で、エルゴの抱っこ紐をもらっていたので、

使う時期がきたらそれを使えばいいかという程度で、

こだわりもゼロでしたし、

新しく購入したいという考えもありませんでした。

 

そして、

抱っこ紐を使うようになってから、ちょうど夏前くらいになった時、

エルゴを使っていたのですが、

そのときいつも感じていたことが、

とにかく暑い・・・

でした。

 

簡潔になりますが、つまりは、

もっと快適に(涼しく)使える抱っこ紐はないかと調べた結果が、

napnapの抱っこ紐の存在を知ったきっかけです。

 

napnapの抱っこ紐の特徴や使用感など

napnapがどのような抱っこ紐なのか、

知らない人も多いと思います。

どんな特徴があるのか、

実際の使用感なども含め、詳しくお話していきますね。

実際に使っているnapnap抱っこ紐

 

 

使わない時にはウエストポーチ状態に出来る

ショッピングモールなどに買い物に行くと、

赤ちゃんはベビーカーに乗って、

ママのお腹から膝のあたりまでは、

抱っこ紐だけがダランとした状態になっている姿を頻繁に見ました。

 

抱っこ紐をイチイチ畳むことが面倒なのか、

すぐに抱っこ紐を使うつもりなのかは分かりませんが、

歩くたびにダランダランと揺れる抱っこ紐が、

邪魔にはならないのかなと疑問に思っていました。

 

napnapの抱っこ紐は、

このダランダラン状態にならないような嬉しい機能があります。

 

抱っこ紐の腰部分はつけたままで、

他の部分はクルクルと丸めます。

 

するとウエストポーチ状態に出来るボタンがあるので、

そのボタンを留めれば、

抱っこ紐をイチイチ外さずして収納することが出来るのです。

ウエストポーチ状態は本当に便利で、

赤ちゃんがグズグズなったらすぐに抱っこ紐を使うことが出来ますし、

使わないときはまたクルクル巻いて畳めばよいのです。

 

いちいちベルトを外して、付けて、

といった動作がないのは助かりますよ。

 

最新モデルはポーチくらいの大きさに畳めるらしい

使っていたのが最新モデルとは少し仕様が異なりますが、

現在(2019年3月)のnapnapを調べたところ、

最新モデルはポーチくらいの大きさに畳むことが出来るようです。

 

コンパクトに収納するためのチャックがついていて、

ぱっと見は、まさにポーチそのもの!

ですね。

 

こちら、「ベビーキャリーCOMPACT」という商品のようです。

下記ですね。

 

メッシュ部分が多く涼しい

ここですね。

私が一番おすすめするポイントが、

メッシュ部分が多いという点です。

 

抱っこ紐を使用している時は、

自分の体と赤ちゃんの体が密着状態なので胸からお腹あたりがとても暑いです。

夏場になると、

お互いが汗だく状態になり、

色の濃い服を着た時には最悪です。

赤ちゃんもなんだか息苦しそうですし、

熱がこもってしまい心配にもなります。

napnapの抱っこ紐は、

メッシュ部分がとても多いので、

通気性が良いです。

 

赤ちゃんの背中部分のチャックを開けると、

メッシュ部分が露出するので本当に涼しいんです!

 

暑い時期にnapnapの抱っこ紐を使って、

この涼しさを知ってしまうと、

他メーカーの抱っこ紐はきっと使えなくなると思いますよ。

ほんと、それくらい涼しい。

 

ポケット部分があり便利

先ほど、

赤ちゃんの背中部分にチャックがあり、

そこを開けるとメッシュ部分が露出するとお話ししましたが、

実はこの部分にはもう一つ別のチャックがあり、

その部分を開けるとポケット部分があります。

 

 

この何気ないポケットが

とても便利で大活躍するポイントなのです。

 

ちょっとしたお散歩のときに持っていきたいハンカチや、

ポケットティッシュなどを入れたり、

念のためにおむつを1枚入れることも出来ますよ。

 

この他にも、

ナップナップの商品ラインナップに関して、

ママ目線で各商品を徹底解説した記事

を書きましたので、商品購入前に一度、下記を確認してみてください。

ナップナップの抱っこ紐ラインナップを、ママ目線で徹底解説!【本気】

napnapのコスパはダントツいい

いろいろお金がかかる子育て・・

小さな子供がいると、ミルクやオムツ、

お尻拭きなど毎月いくらかの出費がかかるのは避けられません。

 

毎月何万円もかかるというわけではないものの、

家計の負担になっていると感じるママも多いはずです。

 

抱っこ紐もとても使用頻度が高いアイテムなので買う必要はある。

けれども、

出来るならば少しでも安く、

でも使い心地の良いものが欲しい。

これが一番の本音でした。

 

napnapの抱っこ紐はこの両者の条件をなんなくクリア出来るものです。

 

お得だと感じるナップナップの抱っこ紐

基本どんなものでもお得なネットで買えますが、

napnapの抱っこ紐は当時、

一万円を下回る金額で購入しました。

(具体的な金額は記憶が曖昧ですが、8000円もしなかったような気がします。今HP見ても、同じ価格帯ですね

 

他のメーカーの抱っこ紐もベビー専門店などで見ましたが、

どれも一万円は超えるものばかり・・・。

 

お値段が高くなればデザインも可愛いですし、

バリエーションも豊富です。

 

しかし、

napnapの抱っこ紐はシンプルで機能面が充実している、

そして、コスパが良い!!

 

これだけで十分かなと思いました。

 

ちなみにプチプラでしたが、

破れたりたるんだりすることなく

無事に抱っこ紐の役割を果たしております。

 

コスパの高い抱っこ紐【napnap】

 

最後に

抱っこ紐と聞くと、【エルゴ】というイメージがとても強いですよね。

私も使ったことありましたし、実際に外ですれ違うママのほとんどが、

エルゴの抱っこ紐を使っています。

 

napnapの抱っこ紐は、

正直知名度が高いかと言われると

まだまだな所があるのかなと個人的には感じますが、

 

トータル評価は、主流メーカーに負けないくらい

素晴らしい抱っこ紐だと思います。

 

どんな抱っこ紐を選べばよいか迷っている、

今ある抱っこ紐よりももっと良い抱っこ紐はないかな、

 

そんなママに、

napnapの抱っこ紐は本当におすすめですよ。

 

是非参考にしてみてくださいね。

100navi-公式Twitter-
広告