小学生からプログラミング教育を始めて期待できる効果とは?自考力キッズでわかったこと。

昨今では、

「子供をプログラミング教室へ通わせる」

ということが増えてきています。

 

プログラミングを学べば、

プログラミングそのものに慣れるだけでなく、

頭のいい子に育つ可能性がありますからね。

 

そんな中、

「プログラミングを学ばせたいけど、どこの教室がいいのだろうか」

「プログラミングを学ぶメリットってなに?」

という疑問を持っている人は、

ぜひ本記事を読んでみてください。

 

プログラミング教育は、子どもの将来に確実に必要だと思っています。

 

最後まで読んでもらえば、

★プログラミング教育がなぜ必要なのか

なぜ、自考力キッズの話をしたのか

★将来、子どもにどういった期待がもてるのか

が分かる内容になっています。

 

プログラミング教室「自考力キッズ」がなぜいいのか?

まずは、

自考力キッズがどういった教室なのか

説明します。

 

自考力キッズの対象年齢実施内容

自考力キッズは、

年長以上の子供が入会できる、

「自分で考える力を育む」のが目的の教室です。

 

・パズル
・ロボット
・プログラミング

この3つとなっています。

これちなみに、

3つもできるプログラミング教室は、実は少ない。

です。

 

⇨⇨⇨パズル・ロボット・プログラミング、全部できるのは、自考力キッズ

 

本記事では、

3つの内容のうちの1つ、

「プログラミング」に注目して解説しますね。

 

自考力キッズの魅力とは?

それでは、

自考力キッズ「プログラミング教室」の魅力をお伝えします。

 

自考力キッズでは、

ロボットの動きをプログラミングで制御する

という内容を通して、

「論理的思考力と問題解決力」を養えます。
(これ何の力?って話は、後ほどご説明します)

 

ロボットやプログラミングというワードが出てくると、

 

はたして、

幼い子供にそんなことができるの・・?

 

と疑問に思うかもしれませんが、問題ありません。

 

 

ロボットは複雑なものではなく、シンプルな構造。

プログラミングもマウスでの操作だけで可能となっています。

 

このように、

難しいことを簡単にできるように工夫されているのが、

自考力キッズの凄いところなのです。

 

小学1年生からのプログラミング教室なら、自考力キッズ

 

幼い頃からプログラミング教育を学ばせるメリット

次は、

子供にプログラミングを学ばせるメリットについて紹介しますね。

メリットは、確実に重要な事を書いてあります。

 

先ほど紹介したように、

プログラミングを学ばせると、

論理的思考力や問題解決力がアップします。

 

論理的思考力や問題解決力ってなに?

論理的思考力と問題解決力を鍛えれば、

物事を理論的にとらえたうえで、

よりよい解決策を考案できるようになります。

 

噛み砕いて説明すると、

「自分の思っていることをきちんと伝えられる。そして、他人の言っていることをよく理解できる人へ成長する可能性が高まる」

ということです。

 

「説明する能力」「理解力」というのは、

勉学をする際にはもちろんですが、

実生活を送るうえでも、

非常に重要な力となっています。

 

頭の良い子に育つ」事が、いかに重要か。

●先生の言っていることが、よく分かる

●なんとなくではなく、具体的に何が嫌なのかを説明できる

というような子に育ってくれるのは

非常に魅力的なことです。

 

「どうして嫌なの!?」

「先生はどんなことを言っていたの!?」

と聞いたときに、

はっきり分かりやすく答えられる子供に

育ってくれれば嬉しいですよね。

 

いわゆる、

「頭のいい子」に育てたいのであれば、

プログラミングを学ばせて、

論理的思考力と問題解決力を鍛える事が、

最も効果的。だと思います。

 

いや、それはわかったけど、限られた子でしょ・・・?

そういう不安もあるかと思います。ですが、

小学生に数学の知識がなくても、プログラミングはできる

プログラミングと聞くと、

小学校では習わないような数学の知識が必要

と思う人もいることでしょう。

 

確かに、高度かつ複雑な計算を行いたいのであれば、

数学や物理といった理系の知識が必要となります。

 

言い換えれば、難しい計算が不要なものであれば、

理系知識がなくともプログラミングは可能です。

 

自考力キッズで行うプログラミングの内容も、

「ロボットを動かす」だけであって、

「難しい数学の問題を解く」わけではありません。

 

つまり、

「数学の知識がないとプログラミングはできない」

というのはありえません

安心してプログラミング教室へいきましょう。

 

「プログラミングができる人」の需要は、将来もっと高まる

プログラミング

テレビやネットなどのニュースで、

ITエンジニアが不足している

と聞いたことはないでしょうか。

 

人材不足の話は嘘ではなく、

もうすでに不足しています。

 

このまま進むと、未来では、

2020年では約37万人、2030年には約79万人も、ITエンジニアが不足する

といわれているのです。

 

不足の原因はもちろん、AI技術の発達ですね。

 

「人工知能によって職を失う人が増える」

といわれている昨今ですが、

逆に、IT業界を支える人材の需要は増えています。

 

成長し、需要が拡大するIT業界というのは、

将来的には悪くない就職先といえます。

 

子供の将来の選択肢を増やす

という意味でも、

幼いうちからプログラミングに慣れさせておく

ということが、重要といえるでしょう。

 

小学校でプログラミングの授業が必修化される

ということもありますし、

今のうちから自考力キッズで

プログラミングに触れさせておきましょう。

 

小学1年生からのプログラミング教室なら、自考力キッズ

自考力キッズとプログラミング教育をまとめ

最後に、

ここまでに紹介したことをまとめてみますね。

 

まず、自考力キッズとは、

パズル、ロボット、プログラミングの3つを扱っている教室です。

 

プログラミング教室では、

ロボットをプログラミング制御して動かす

という内容になっています。

 

プログラミングを通して、

どういった能力が養われるのかというと、

論理的思考力と問題解決力がアップする。

 

論理的思考力と問題解決力を鍛えると、

いわゆる、頭のいい子へ育つのが嬉しいところです。

 

IT業界の需要が高まっていたり、

小学校でプログラミング授業が必修化されたりする世の中なので、

幼いうちからプログラミングを学ばせるのは、

絶対に良いと、私は思います。

 

プログラミングを学ばせたいという人は、

お近くの自考力キッズが実施している

体験教室へまずは申し込んでみてください。

 

⇨⇨⇨初月からプログラミングの授業があるロボット教室なら、自考力キッズ

 

他のプログラミング教室も解説しています。

関連記事

2020年には小学校でもプログラミングが必修化されることになり、プログラミング教室なども多く開校してきましたよね。 そんな状況も考え、Switchでマインクラフトばかりやっている息子に、遊んでばかりいるより「プログラミン[…]

小学生が楽しくプログラミングを学んでいる様子

 

子供たちがパソコンで勉強している様子
100navi-公式Twitter-
広告