ママ・プレママならフレシャスが良い理由!妊婦・赤ちゃん用ウォーターサーバーとは?

赤ちゃんがいるご家庭や、

プレママにおすすめなウォーターサーバー。

 

会社ごとに特徴はありますが、

フレシャスは特に、

「ママ・プレママ向け」「女性向け」なメリットがあるところがポイント。

 

どのような特徴があるのか、チェックしてみましょう。

 

⇨⇨⇨(公式)フレシャス ウォーターサーバー | ママ・プレママに人気

ママ・プレママのためのフレシャスウォーターサーバー!その水質は?

新鮮な水

フレシャスのお水はどんな感じ?

まずは、肝心のフレシャスのお水についてご紹介します。

 

ウォーターサーバーのお水は基本的に美味しいですが、

フレシャスはどのような特徴があるのでしょうか。

 

フレシャスのお水は3つの採水地から選べます。

 

安価なウォーターサーバーの中には

水道水を濾過したRO水のものもありますが、

フレシャスのお水は全て天然水です。

 

FRECIOUS富士

⇨⇨⇨FRECIOUS富士

 

ほんのりとした甘みのある柔らかいお水です。

飲みやすく、舌の上で丸さを感じられます。

 

硬度は21mg/Lの軟水で、

山梨県富士吉田市で採水されたお水を使用しています。

 

ちなみに私もこの「富士」を使用しているのですが、

飲みやすさとほんのり感じる甘さがとても気に入っています。

1パック…税込1,167円
500mlあたりの価格…約80円

FRECIOUS朝霧高原

⇨⇨⇨FRECIOUS朝霧高原

 

ミネラル感のある飲み口で、さっぱりとした味わいです。

 

硬度は85mg/Lの軟水。

静岡県富士宮市で採水されたお水を使用しています。

 

1パック…税込1,150円
500mlあたりの価格…約79円

FRECIOUS木曽

⇨⇨⇨FRECIOUS木曽

 

すっきりとしていてクセがなく、

雑味のない味わいです。

硬度は20mg/Lの軟水。

 

長野県木曽郡木曽町で採水されたお水を使用しています。

1パック…税込1,183円
500mlあたりの価格…約81円

 

お水の値段について

安価なウォーターサーバー会社と比べると、

やや高い印象になりますが、

使用しているお水が濾過水ではなく安全な天然水であることや、

サーバー自体の特性を考えれば、決して高すぎない価格です。

 

ママやプレママに嬉しいポイントが多々あるため、

コスパの面で見ても悪くないと思います。

 

次の項目から、フレシャスをおすすめしたい理由について、

ママ目線で解説します。

 

フレシャスウォーターサーバーは、ママ・プレママにメリット多数!使って良かった点

哺乳瓶を咥えてカメラ目線の赤ちゃん

ウォーターバッグが軽い

一般的なウォーターサーバーは重い

ウォーターサーバーを見たことがある、

使用したことがあると言う人は、

たくさん水が入ったペットボトルのような容器を

思い浮かべるのではないでしょうか。

 

多くのウォーターサーバーは、

12L入りのガロンというプラスチックの容器や

ペットボトルの容器を取り付けるタイプになっています。

 

この容器の取り替えがとても大変で、重い容器を持ち上げ、

サーバーの上部に取り付けなければいけません。

 

ウォーターサーバーのなかには持ちあげずに

下部に取り付けるタイプのものもありますが、

12Lも入っていると玄関から部屋への持ち運びも大変だと思います。

 

フレシャスのウォーターサーバーは軽いから、ママ・プレママでも大丈夫

私がウォーターサーバーの導入を検討したのは

2人目を妊娠している時でしたが、

やはり重いものを持たなければいけないというところがネックでした。

 

そこでたどり着いたのが「フレシャス」です。

フレシャスのウォーターバッグは7.2L入りのビニールパックです。

 

持ち上げるときもそこまで負担になりませんし、

お水のパック自体もかさばりません。

 

 

プレママだけではなく、

重いものを持ちたくない産後のママなど、

女性でも簡単にお水の交換ができるところが嬉しいポイントでした。

 

女性だけではなく、

お子様やお年寄りの方でも簡単に交換することができます。

 

⇨⇨⇨ママ・プレママに人気のフレシャス ウォーターサーバー(公式サイト)

 

ウォーターバッグが使い捨てなので便利

フレシャスのウォーターバッグが特徴的なのは、

容量が少ないことによる軽さだけではありません。

 

多くのウォーターサーバーはガロンボトルや

ペットボトルのウォーターバッグを使用していますが、

 

フレシャスのウォーターバッグは

ビニールでできています。

 

そのため、使い終わった後は小さく折り畳んで、

そのままゴミ箱に捨てることが可能です。

 

ミルクを作るときに便利で安心

赤ちゃんのミルクを作る際は、

純水か軟水を使用することが推奨されています。

 

純水とはミネラル分がほとんど入っていないお水で、

軟水は硬度が0~120mg/Lのものを指します。

 

硬度が高いお水(硬水)を使うと、赤ちゃんの腸に負担がかかり、

お腹を壊してしまうことがあります。

 

フレシャスのお水はどれも軟水ですが、

ミルクづくりなら硬度の低い「富士」か「木曽」がおすすめです。

 

⇨⇨⇨FRECIOUS富士

⇨⇨⇨FRECIOUS木曽

 

お湯でミルクを溶かした後は、

冷たいお水でさっとぬるくすることができます。

 

一人目のときは調乳用ポットで沸かして

保温したお湯でミルクを作っていましたが、

冷めるまでに時間がかかりやきもきすることが多かったです。

 

ウォーターサーバーを導入してから二人目を出産したため、

ミルクをものすごく手早く作れることに感動しました。

 

ミルクが適温になるまで冷ますには、

時間を置いたり水で哺乳瓶を冷却したりなど、

意外と手間がかかります。

 

赤ちゃんがお腹をすかせてぐずっているときなど、

そのちょっとした時間や手間が

とてもストレスになることがあります。

 

適温のミルクをサッと作ることができるウォーターサーバーは、

ママと赤ちゃんの時間に少しゆとりを作ってくれる

頼もしい味方になってくれるはずです。

 

関連記事

 妊娠や出産を機に、飲むお水についても考え直す方も多いのではないでしょうか。 水道水は飲み水として使うことができますが、より安全に飲料水とするには、使用のたびに沸騰させ、残留塩素を抜く必要があるのです。&[…]

産前の水分を大切にする母親

 

デザインがおしゃれ

これはあまりママ・プレママには関係がないかもしれませんが、

サーバーのデザインがとてもおしゃれ

というところも気にいっています。

 

ウォーターバッグが丸見えになっている

デザインではないため、

生活感が出すぎないところもポイントです。

 

 

フレシャスのウォーターサーバーで、ママ・プレママが気をつけること【口コミと解決策とは?】

真剣にウォーターサーバーの導入を検討しているなら、

メリットだけではなく、やっぱりデメリットも気になりますよね。

 

フレシャスのウォーターサーバーを使う上で、

ママ・プレママが気をつけるべきところとは?

 

口コミなどから見えるフレシャスのデメリットや、

私が実際に使っていて気付いた点などもまとめました。

 

軽量な分こまめな交換が必要

先ほどウォーターバッグが軽量なので

交換が簡単だというメリットを紹介いたしましたが、

それがデメリットに感じる人もいます。

 

入っている容量が少ない分、すぐに中身がなくなって

こまめに交換しなくてはいけないという点です。

 

12L入りのものに比べるとやはり交換回数は増えますが、

交換自体はとても手軽なので、

そこまで負担に思ったことはありません。

 

また、容量が少ない分使いきるのも早いため、

お水のバッグを開けた後に鮮度が落ちにくいという面もあります。

 

費用が気になる

1か月にかかるコストは、

フレシャスよりも他社のほうが安いものがたくさんあります。

 

コスパを最も重視する方であれば、

他のウォーターサーバーを検討したほうがいいかもしれません。

 

でも、フレシャスの公式ページをチェックしていると、

通常よりもお得に契約できるキャンペーンが

実施されていることがあります。

 

費用面がちょっと気になると言う人は、

キャンペーンを利用して契約してみてはいかがでしょうか。

 

⇨⇨⇨FRECIOUS ママパパプラン

 

フレシャスはママ・プレママにおすすめのウォーターサーバー

今回は、ママ・プレママにおすすめなウォーターサーバー

「フレシャス」をご紹介しました。

 

ウォーターサーバーは、

赤ちゃんや小さなお子様がいるご家庭には

とても便利なアイテムです。

 

その中でも、交換の簡単さや

ミルクを作るときの安全面・使いやすさなどを加味し、

ママ・プレママへのおすすめサーバーとさせていただきました。

 

ウォーターサーバーの導入を検討している人や、

サーバーを変えたい人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

⇨⇨⇨(公式)富士の天然水ウォーターサーバー【フレシャス】

 

出産前後は、本当に色々と大変です。

100navi(当サイト)では、出産前後・妊娠中の記事が

いくつもありますので、ぜひ読んでみてください。

関連記事

辛い悪阻が終わって、次に気になるのが、急に大きくなるお腹。 一生なくならないような妊娠線は、絶対できて欲しくないですよね。 私は、妊娠線への認識が甘く、そんなに出ることはないだろう。と大したケアをしていま[…]

妊娠で膨れたお腹の妊娠線が気になる
関連記事

生後3週間までの時期に撮影する「ニューボーンフォト」 新生児ならではの可愛らしい姿を残しておきたいと思われる方も多いですよね。 ですが、「産後の疲れ」「慣れない育児」という状態で、一般的な写真館に行くのは、[…]

ニューボーンフォト
関連記事

 出産準備で用意するものに新生児服やベビー布団などがあります。 出産後は忙しく、なかなかお買い物にも行けないので早めに用意しておくことが必要です。 特に「新生児服」は、デリケートな赤ちゃんの肌[…]

すやすや眠る赤ちゃん
関連記事

出産後しばらくして、ショック受けた方いますか?「あれ、赤ちゃん分の重さしか体重が減ってない・・・」 ちなみに、出産直後の話ではないです。出産後6~8週間後の話。 そして、産後にジムに行こうと思っても、子供[…]

産後ダイエットのビフォーアフター

 

 

 

 

幸せな親子
100navi-公式Twitter-
広告