最強下地のプリマヴィスタとマキアージュを詳細比較!覚えておくべき使い分け

  • 2019年1月10日
  • 2019年6月11日
  • 美容

女性なら誰でも気になる「化粧崩れ

 

脂性肌混合肌の人にとって

鼻の頭や、おでこだけテカる

●ほっぺただけはカサつくのに、鼻のテカりはある

といった悩みはつきもの。

 

現在、手軽に買える化粧下地では、

崩れ防止で名高いものが2つ存在

しますよね。

 

それが、

 

この2つです。両方それぞれに、

大きな特徴があります。

 

今回はこの、

「最強と言われる」2強の化粧下地

を実際に使ったので、詳細レポ!

 

「どちらが良いのか・・・?」
「どういった使い分けをするのか?」

と気になる方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

どちらか片方を選ぶ場合は、

超優秀な特徴を読んで、

自分の肌質に合う方

を選びましょう!

 

また、どちらも使いたい場合は、

W使いの方法」を読んで、

使い分けしてみて下さいね。

 

というざっくりご案内をしましたが、

かなり重要なことを書いたつもりですので、

ぜひ、読んでみてください。

 

「テカり」「崩れ」には下地選びが超重要

私はもともと脂性肌で、体調によっては

鼻だけテカり、頬は乾燥する

という混合肌です。

 

本当に、鼻がテカるのが嫌でしょうがなく、

10~20代の頃は、脂取り紙が必須でした。

 

そんな私が、

「化粧崩れ防止」「テカり予防」と言われる化粧下地を初めて使ったのは、

20代後半。

 

お恥ずかしながら、下地の重要性など

そんなに気にしていませんでした・・・

 

ところが、

化粧崩れ防止下地を一度使ったところ、

そのあまりの性能に最初は驚いたのです。

 

テカリに悩む人は下地を徹底すべし・・!

と周囲の友人にも言って回りました!

 

今では、化粧下地の進化が進み、

昔とは比べ物にならないほど機能が向上しています。

 

しかし今でも、「化粧下地の特集」では、

必ず上位に食い込むのがこの2つ。

 

それでは、

どちらにしようと悩んだ混合肌の私が、

実際に使い比べた結果

を全力レポートさせて頂きます。

 

プリマ・マキアどちらも超優秀だけど、特徴が違う

スキンケアする女性「崩れ知らずのプリマと潤いのマキア」

とにかく崩れ知らずのプリマ

私の周囲では

プリマヴィスタはテカり知らず

が話題になっていましたが、同時に

崩れないけど乾燥する
冬にプリマを使うと、鼻の頭に粉を吹く

といった前評判。

 

どうやら崩れにくさを重視するあまり、

乾燥しやすくなるようです。

 

vs 潤いのマキア

一方のマキアージュは

しっとりしてる
テカらないというより、自然なツヤ肌になる

という友人が多数でした。

 

どうやら

テカりをツヤとして味方につける感じで、

美肌に仕上げるようです。

 

この「前評判」を頭に入れて、実際にふたつを使い比べてみました。

ちなみに私は仕事で汗もかくし、

夏はクーラー、冬は暖房で乾燥が酷い職場です。

 

化粧直しもほとんどできない状況でした。

 

とにかくテカらない圧巻のプリマヴィスタ

質感はサラッとしてる

プリマヴィスタは当初、白っぽい下地で、

「色補正」はさほど感じられない、

サラッとしたテクスチャでした。

 

最近はリニューアルして、

ほんのりピンク色の下地になっています。

 

もともと肌に乗せた時の色補正は少ないですが、

毛穴を消して、サラッとしてくれる質感です。

 

ちなみにこのリニューアルは、往来品より、

皮脂崩れ防止効果が130%アップしたのだとか。

 

夏こそ最強!

私の感覚では、プリマヴィスタは、

夏こそ真価を発揮する下地だと思います。

 

「湿度」や「汗」に負けないので、ベタベタやヨレ知らずで、

崩れません。

 

肝心の鼻はまったくテカらないわけではないのですが、

ツヤ程度にとどまってくれます。

 

そしてお直しも、

ティッシュでそっと抑えるだけでテカリは消失!

 

★本気でベタベタ崩れとおさらばしたい人
脂性肌の人

には、プリマヴィスタを強力オススメ致します。

 

 

美肌になれるしっとりマキアージュ

肌にしっとり吸い付く質感

マキアージュはプリマヴィスタより、

やや「肌色補正」を感じる、

とろみの強い質感です。

 

肌にしっとり吸い付く感じでしょうか。

最大の特徴は「スキンケアできる下地」ということ。

 

テカりのもとになる皮脂を感知すると吸着して、

乾燥している部分では保湿するという、

自動センサーが搭載されているのだそうです。

 

このため、マキアージュは乾燥にも強く、

プリマヴィスタよりしっとりした質感です。

 

冬は最強!夏はちょいテカるかも

大きな崩れはないものの、肝心の鼻の頭は、

「夕方にはツヤを通り越してややテカる」ので、

ティッシュオフは必須でした。

 

ただし、

頬などのしっとり感は素晴らしく、

マスクをつける機会が多くなる「冬」は、

特にマキアージュがいいと思います。

 

マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース EX 商品情報 | 資生堂「ワタシプラス」

 

崩れ防止の機能は、乾燥に直結してしまう

結論から言って、

「テカらない」「崩れない」のは、プリマヴィスタです。

がっちり「テカりを押さえてくれる頼もしさ」でした。

 

しかし、

皮脂を吸着するがゆえに、乾燥もしてきます。

 

メイクオフした後に、肌がやや粉を吹くことがあり、

夏は最強ですが、冬は鼻の頭が気になりました。

 

また、「混合肌の人」「乾燥しやすい人

は、夏でも頬に乾燥を感じる可能性があります。

 

またマキアージュは、

「スキンケア効果を感じて、頬にはいいけども、

鼻の頭・額のテカりに、

やや威力が弱いのが難点でした。

 

夏場の汗や湿度では、

少しヨレてしまうかもしれません。

 

【結論です】「肌質」や「部分」によって使い分けよう

肌質によって変える

私の体験からいえば、

乾燥肌の人はマキアージュで十分

です。

 

問題は脂性肌、混合肌の人・・・

乾燥しすぎると、

余計に皮脂が分泌されることもあり、

どちらの下地を使うか悩ましいのです。

 

ではどうするか。

 

肌質で解決しなければ「部位」で分ける!

そこで私が行ったのが、

両方の下地を購入して、

部位によって使い分ける方法

でした。

 

鼻や額など、
特にテカる部分はプリマヴィスタ
を塗り
頬など、
乾燥が気になる広範囲にマキアージュ
を塗るのです!

 

この方法なら、ご自分の顔で

テカるゾーンだけ狙い撃ちできますし、

他の部分が余計な乾燥をすることもない!

超おススメです!

 

化粧下地だけでなく、日々の保湿は欠かさずに!

毛穴つまり、テカリを予防するには?

皮脂崩れ防止系の下地は、

毛穴つまりも気になるところ。

 

メイクはしっかり落として、

その後は当たり前ですが、

保湿を欠かさず行うようにして下さい。

 

 

 

あまり熱いお湯で洗うと、テカりが悪化するみたいです。

 

「メイクオフ」「基礎化粧で保湿」といったケアが、

一番のテカり予防になりました。

 

お化粧直しで脂取り紙を使うのも、余計な皮脂が出てきてテカりを悪化させます。

 

幸い、プリマヴィスタもマキアージュも、

脂取り紙は必要ない程度の、超優秀下地!

 

空いた時間にでもそっとティッシュで押さえるだけで、

鼻の頭のテカりは気になりません。

 

合わせ技が大事!

それぞれ下地に対応したファンデーションがあるので、

それを合わせれば、より肌の質感が向上します。

 

「さらりとした質感」と「とにかく崩れ防止」を得たい人は、プリマヴィスタ。

 

「しっとり保湿」と「美肌効果」を得たい人は、マキアージュ。

を選んでおけば間違いないでしょう。

 

もちろん、

ここぞと言う時はダブル使いで、

テカる部分だけを狙い撃ちしてみて下さい!

 

マキアージュ関連は、まだまだあります)

 

 

プリマヴィスタとマキアージュの商品画像
100navi-公式Twitter-
広告